登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

40代後半以降の男性はほぼスキンケアをしていない!?

220208top.png

ナリス化粧品は、「男性のスキンケアの実態調査」を実施し、結果を発表しました。調査は、全国の15歳~54歳の男性1907名を対象に2022年1月6日~24日にインターネットで行われました。

 女性用か男女兼用のスキンケアアイテムを使用

まず、「スキンケアをしているか」を聞いたところ、「しっかりしている」「まあまあしている」を合わせた「している」と答えた人は、40.7%でした。 年齢別に見てみると、「している」と答えたのが、半数を超えるのは10代~20 代で、10代後半では50.3%、20代前半では 51.4%、20代後半では52.7%でした。30代を超えると、スキンケアを「している」と答えた男性よりも「していない」と答えた男性の方が上回り、30代以上の世代には、スキンケアはそこまで浸透していないことが伺える結果となりました。

次に、スキンケアを「全くしていない」と答えた人以外の1394名に、使用しているスキンケアアイテムを聞いてみたたところ、石鹸を含む「洗顔料」が最も多く67.5%。次いで「化粧水(45.5%)」、「シェービング(27.9%)」、「乳液(26.0%)」と続きました。 年齢別にみてみると、「乳液」「クリーム」などオーソドックスなアイテムでは年齢層による差はそれほど見られないものの、「日焼け止め」の使用率はアラフォー世代で若干高いことがわかりました。若年層と高齢層の使用率の差が大きかったアイテムとしては、「美容液」「ふきとり化粧水」「パック」「マッサージ」といった一手間かかる特別なケアアイテムが選ばれました。

また、スキンケアをしている男性に、使用アイテムが専用で使用しているか、他の人と共用して使用しているかを聞いたところ、自分専用のアイテムでは、「洗顔料(68.7%)」が最も高く、「化粧水(56.5%)」、「乳液(39.1%)」と続きました。一方で、「配偶者や恋人・パートナー」や「母親」など、女性と共用している割合が高いアイテムとしては、「石けん」や「洗顔料」が1割を超えていました。

なお、使用しているアイテムが、男性用か、女性用か、男女兼用のジェンダーフリータイプか聞いてみると、「洗顔料」は、「男性用」が56.9%、「女性用」が12.8%、「男女兼用」が27.0%と、男性用の使用者が多いようです。洗顔料以外のアイテムでは、すべて女性用と男女兼用のアイテムを足した割合が、男性用の使用者の割合を超えていることが明らかになりました。 ちなみに、最も男女兼用の使用者率が高いのは「石けん(40.3%)」で、次は「日焼け止め(30.9%)」でした。

男性の肌は女性よりもダメージを受けやすいと言われています。その理由は、ヒゲ剃りによるダメージ、むき出しの肌で外出する紫外線によるダメージ、女性よりも肌に水分量が少なく、皮脂の分泌が多い、などがあげられます。女性に比べて、男性はスキンケアをおろそかにしがちなため、肌へのダメージも蓄積しがちになります。

店頭では、男性にもスキンケアが必要であることをしっかりお伝えして、「洗顔、化粧水、美容液、乳液」といった、スキンケアの順番の大切さなどを、各アイテムと共にご紹介するのはいかがでしょうか。

平成28年度~令和2年度の過去問を掲載中! 登録無料で利用できる!
登録販売者試験 過去問題集はこちら!


令和3年度の試験結果を反映!
【最新】何点取ればいいの? 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【更新済み】令和3年度(2021年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2022年
  • 2月 8日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?