登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

2022年シーズンの花粉は多い? 少ない?

sugikahun.png

2022年の花粉シーズンに向けて、環境省や日本気象協会などがスギ・ヒノキなどの花粉調査結果・予測を発表しています。早いところでは2月上旬から飛散が始まるようです。

2022年シーズンの花粉飛散傾向は…

一般に花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響するといわれ、気温が高い、日照時間が多い、降雨が少ない夏に花芽が多く作られ、翌春に飛散量が増加するとされます。また、前シーズンの飛散量が多かった地域では翌シーズンの飛散量が少なく、前シーズンが少なかった地域では翌シーズンが多くなるといわれています。

環境省が昨年11月から調査している「令和3年度スギ雄花花芽調査結果」(1月26日付)によれば、花粉飛散量に大きくかかわるスギ雄花の着花量は、青森、秋田、福島などが前年の2倍以上となっており、東北地方では山形以外の5県で、前年を上回っています。その一方、関西以西では徳島、福岡、岡山の3県のみ100%を超え、そのほかは昨年以下の着花量となっています(ただし、沖縄県や九州地方の一部、北海道は集計なし)。

また、日本気象協会の「2022年 春の花粉飛散予測(第3報)」や、ウェザーニューズの「第3回花粉飛散傾向」は、北海道・東北、北陸などで前年に比べて花粉の飛散量が多くなり、中国、四国、近畿などでは飛散量が少なくなると予測しています。これは、北日本で前年夏の気温が高く、日照時間も多かった一方で、西日本では気温や日照時間が平年並みだったうえ、降水量が多めだったことが影響しているようです。

なお、スギ花粉の飛び始める時期については、例年並みとのことで、関東や九州では2月上旬、中四国、関西などで2月中旬、北日本では2月下旬以降と予測されています。

お客様の多くがマスクをしている状況のため、鼻炎症状を訴求する商品の出足が悪いことが予想されます。そこで、「目のかゆみ」や「自宅に花粉を持ち込まない」ための対策とあわせて、関連商品をアピールするのがいいかもしれませんね。


平成28年度~令和2年度の過去問を掲載中! 登録無料で利用できる!
登録販売者試験 過去問題集はこちら!


令和3年度の試験結果を反映!
【最新】何点取ればいいの? 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【更新済み】令和3年度(2021年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2022年
  • 2月 1日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?