登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

「全国体力・運動能力調査」小・中学生の体力が低下...

220125top.png

スポーツ庁は、2021年度「全国体力・運動能力調査」を実施し、結果を発表しました。調査は、全国の小学5年生(約103万人)と中学2年生(約98万人)を対象に2021年4~7月に行われました。

コロナ禍の運動不足が影響

同調査は、2008年度から実施していますが、昨年度は新型コロナウイルスの影響で実施されなかっため、2年ぶりとなりました。 50メートル走や上体起こし、立ち幅跳びなど、全8種目の測定値を10点満点で点数化して、合計点を体力合計点(80点満点)として算出しています。

その結果、体力合計点の全国平均は、小5男子が52.5、小5女子が54.7、中2男子が41.1、中2女子が48.4という結果で、令和元年度に比べて小中男女ともに低下していることがわかりました。

この背景には、コロナ禍で体育の授業以外に運動時間が減ったことや、テレビ・スマホ・ゲームなどを視聴するスクリーンタイムが増加し、運動の機会が減ったこと、などが挙げられています。

また、体育の授業を除く1週間の運動時間については、男女ともに短くなり、男子は小学生が47.8分(2019年は51.4分)、中学生では77.6分(2019年は82.1分)でした。

スポーツ庁では、この結果を受け、「コロナ禍の影響による、運動をしない、もしくは運動の時間が減少したままの生活習慣が定着してしまうことは避ける必要がある。学校や家庭で日頃から児童生徒に、運動やスポーツをすることの大切さを伝えるとともに、運動の楽しさを実感し、工夫しながら運動をする習慣の定着に努めることが大切」としています。

子どもだけに限らず、コロナ禍の影響で大人も運動不足を感じている人も多いという現状のなかで、 店頭では、誰でも手軽に始めることができる有酸素運動として、ウォーキングやランニングといった運動習慣の大切さをあらためてお伝えしてみましょう。いっしょにおすすめする商品としては、運動をサポートするアミノ酸サプリメントやプロテイン、サポーターやテーピングなどのほかに、 運動後のケア用として入浴剤などを展開してみるのはいかがでしょうか。


平成28年度~令和2年度の過去問を掲載中! 登録無料で利用できる!
登録販売者試験 過去問題集はこちら!


令和3年度の試験結果を反映!
【最新】何点取ればいいの? 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【更新済み】令和3年度(2021年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2022年
  • 1月25日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?