登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

健康診断の結果を受けて、血圧計を購入する人は多い?

220111top.png

オムロンヘルスケアは、血圧計を家庭で使用している方に、血圧管理に関する意識調査を実施し、結果を発表しました。

調査は、全国の高血圧患者 40代~70代の男女1072人を対象に、Webアンケート方式で行われました。

家庭用血圧計で体調管理

まず、はじめて家庭用血圧計を購入したきっかけについて聞いてみると、「健康診断の結果で高血圧と判明した(31.9%)」が最も多く、「医師から購入(測定)を勧められた(25.3%)」「高血圧の治療で必要だと思った(19.2%)」と続き、高血圧診断後に購入している人が多いことがわかりました。

次に、はじめて改訂用血圧計を購入した年齢については、男性は「40~44歳」が最も多く、女性は「45~49歳」が多いという結果に。女性の高血圧は、更年期症状による女性ホルモンの減少とも関連性が高いとされており、そうした背景を受けた結果になったと考えられます。

また、家庭用血圧計で測定し始めて良かったと思うこととしては、「体調管理ができるようになった(48.9%)」「血圧改善(運動、減塩)の習慣が身についた(28.1%)」が上位を占め、体調管理につながる生活習慣改善などの行動の変化が起きていることがわかりました。

最後に、コロナ禍の今だからこそ気をつけている(意識している)高血圧対策、健康管理については、「血圧値を測定して管理する(37.1%)」「規則正しい生活を心がける(34%)」「適度な運動を取り入れる(28.3%)」などの回答が多く、日常生活のなかで改善に取り組んでいる様子がうかがえました。

このように家庭用血圧計の需要が増えつつあるなかで、店頭では、血圧計のタイプ別に使い方や、おすすめポイントなどをPOP等でお伝えするほか、家庭で血圧測定することのメリットなどを情報提供していくのはいかがでしょうか。

平成28年度~令和2年度の過去問を掲載中! 登録無料で利用できる!
登録販売者試験 過去問題集はこちら!


令和3年度の試験結果を反映
【最新】何点取ればいいの? 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【最終版】令和2年度(2020年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?

他県の情報一覧はこちらからも!
令和4年度 登録販売者試験 全日程一覧


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2022年
  • 1月11日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?