登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

季節の変わり目は「寒暖差疲労」にご注意・・・!

210928top.png

リンナイは、全国の20代~60代の男女2350名を対象に「寒暖差疲労」に関する意識調査を実施。その結果を公表しました。

換気やスマホの長時間使用も要因?

季節の変わり目は体調不良になりやすく、とくに夏から秋の変わり目などには「寒暖差疲労」が起こりやすいと言われています。そこでリンナイでは、「寒暖差疲労 簡易チェックシート」(10項目)による簡易テストを実施したところ、全国で約3割の人が寒暖差疲労予備軍であることがわかったとのこと。

最もチェック数が多かった設問は「夏の暑さも寒さも苦手(48.2%)」で、以下「肩こり、首こりがある(38.7%)」「PC作業やスマートフォンの使用時間が長い(1日平均3時間以上)(37.5%)」と続きました。逆にチェック数が最も少なかった設問は「入浴中、湯船に入って体の芯から温まるまで時間がかかる(6.9%)」だったとのことです。

ほかに、都道府県別では、寒暖差疲労予備軍が最も多かったのは新潟県、最も少なかったのは和歌山県。男女別の比較では、女性の方が約2.4倍多く、年代別では30代が最も多く、60代が最も少ない結果となりました。

なお、調査結果とともに、「寒暖差疲労対策 3つのポイント」も紹介しています。

まず、「トリプル寒暖差」。寒暖差には「最低気温と最高気温の差」「前日との気温差」「室内外の気温差」の3つがあり、コロナ禍で換気の機会も増えるため、室内外の気温差が大きくなりやすく「トリプル寒暖差」に注意するよう呼びかけています。

次に、「入浴して体を温め、疲労をためない」。寒暖差疲労の代表的な症状は冷えなので、体を温めることは非常に重要。とくにぬるめで10~15分程度の入浴を推奨しています。

最後に、「耳たぶストレッチ」。肩こりを感じている人は首から耳にかけてこりや痛みを感じていることが多いため、耳周りをストレッチして柔らかくすることで血流が良くなり、肩回りのこりもゆるんでリラックスできます。

寒さがやってくるこれからの季節、店頭では入浴剤コーナーなどで「寒暖差疲労」に関する情報をPOPなどでお伝えしてみるのもおすすめです。

ライブだけでなく、YouTubeでいつでもお届け!
まっつん式「接客のコツ」お届けしますはこちら!


これもおすすめ!
【最新】何点取ればいいの? 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【最終版】令和2年度(2020年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2021年
  • 9月28日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?