登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

コロナ不眠が増加!? 快眠のコツとは

210323top.png

クラシエ薬品は、全国の20~60代の男女200名を対象に、不眠に関する実態調査を実施。その結果を公開しました。

コロナ禍における不眠の実態調査

「新型コロナウイルス感染拡大以降、さまざまな生活の変化が起きたが、不眠の症状を感じたことはあるか?」という質問には、「ある(13%)」「ややある(25%)」と、約4割の人が不眠の症状を感じたことがあるとわかりました。年代別に見てみると、「不眠の症状を感じたことがある」と答えた人の割合が最も多かったのは「50~54歳(60%)」、次いで、「45~49歳(52.4%)」となっていました。

不眠の症状を感じたことがあると回答した人に、具体的な不眠の症状について質問したところ(複数回答)、最も多かったのは「途中で目が覚める(72.4%)」で、以下「寝つきが悪い(53.9%)」、「熟睡感がない(38.2%)」、「早く目覚めてしまう(36.8%)」と続き、十分に休養ができていないと感じている人が少なくないことがわかりました。

睡眠が不足すると「疲れやすくなる」「やる気がしない」「頭がスッキリしない」「イライラする」「集中力がなくなる」「免疫力が下がる」「肌の調子が悪い」といったさまざまな症状が出てきます。

そこで同調査では、良質な睡眠をとるため、以下の快眠のコツを紹介しています。

・眠りにつく2時間前には食事を済ませる。
・眠りにつく1時間前には入浴を済ませる。
・暗い環境で眠る。
・朝日をしっかり浴びる。

新型コロナウイルス感染拡大によって、外出自粛やテレワークなど生活様式の変化によるストレスなどで体に負担がかかり、不眠に悩む人も多くなっているようです。睡眠は健康の基本といわれ、毎日きちんと眠り、スッキリ目覚めることが明日への活力とつながります。

店頭でも、睡眠の質が低下すると体調や仕事への影響が出ること、睡眠の質の向上には、生活リズムや睡眠環境、生活習慣の見直しなどが大切だということ、また、上記の快眠のコツなどをPOPでお伝えするのはいかがでしょうか。そのほか、GABA、グリシン、オルニチンなどを機能性関与成分とした、睡眠の質を向上させる機能性表示食品なども、積極的にご提案していきたいですね。
 


新商品から、医薬品、ヘルスケア、ビューティ、店頭で生かせる知識が満載!
ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY.png


ライブだけでなく、YouTubeでいつでもお届け!
まっつん式「接客のコツ」お届けしますはこちら!


これもおすすめ!
【随時更新】令和2年度(2020年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2021年
  • 3月23日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?