登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 接客・MD検定

ニキビに用いる漢方薬をお求めのお客様

お客様「すみません、ちょっといいですか?」
販売者「はい、何でしょうか?」

★お客様から、ニキビに用いる漢方薬についてご相談を受けました。

お客様「すみません、ニキビができちゃって、飲み薬が欲しいんですけど…」
販売者「ニキビの飲み薬ですと、ビタミン剤と漢方薬がありますね」
お客様「それだったら、漢方薬を試してみたいです」
販売者「わかりました。では、お通じはどうですか? お通じが良くないと、お肌の調子が崩れることがありますからね」
お客様「いえ、便秘はしてないです」
販売者「それでしたら、おすすめなのは…」

このお客様におすすめできるニキビに用いる漢方薬として、適切なものを選んでください。

  1. 十味敗毒湯
  2. 防風通聖散
  3. 大黄甘草湯
  4. 桂枝茯苓丸料加ヨクイニン

解説

「桂枝茯苓丸料加ヨクイニン」の効能・効果は「比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:にきび、しみ、手足のあれ(手足の湿疹・皮膚炎)、月経不順、血の道症」となっており、ニキビの効能をもっています。

「防風通聖散」と「大黄甘草湯」も「ふきでもの(にきび)」の効能・効果をもっていますが、便秘がもとの症状になります。 「十味敗毒湯」は皮膚症状に用いられる処方ですが、ニキビの効能・効果はもっていません。

それぞれの効能・効果は以下の通りです。

「防風通聖散」
体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症: 高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症

「大黄甘草湯」
便秘、便秘に伴う頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・ふきでもの(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満・腸内異常醗酵・痔などの症状の緩和

「十味敗毒湯」
体力中等度なものの皮膚疾患で、発赤があり、ときに化膿するものの次の諸症:化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、湿疹・皮膚炎、水虫

正解:4

ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY.png


ライブだけでなく、YouTubeでいつでもお届け!
まっつん式「接客のコツ」お届けしますはこちら!


これもおすすめ!
【最終版】令和2年度(2020年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2021年
  • 3月16日号
  • 接客・MD検定

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?