登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

マスクは新型コロナウイルスに効果あり!

medical_mask_toru.png

東京大学医科学研究所は10月22日、マスクを着用することで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の拡散量と吸い込み量が抑えられることがわかったと発表しました。

拡散量、吸い込み量ともに減少

マスクの性能については、これまで、ラテックスビーズや塩化ナトリウムを用いた評価しかなく、感染性のウイルス飛沫やエアロゾルに対する防御効果はわかっていませんでした。そこで、今回の研究では、実際の新型コロナウイルスを使用。ヒトと同等のせき・呼吸ができるよう設定したマネキン2体(吐き出す側と吸い込む側)で、マスクの防御効果などを検討したそうです。

その結果、吸い込む側だけにマスクを装着させた場合、ウイルスを吸い込む量は、マスクなしと比べて、布マスクで約60~80%、外科用マスクで約50%、N95マスク(※)で約10~20%となることがわかりました。ただし、N95マスクについては、すき間なく密着させないと防御効果が低下すること、完全に密着させても、一定量のウイルスがマスクを透過してしまうことも判明しました。
※NIOSH(米国労働安全衛生研究所)によって規定された要件を満たした微粒子用マスク。塩化ナトリウムを試験粒子として95%以上の捕集性能を示す。

また、ウイルスを吐き出す側だけにマスクを装着させた場合でも、吸い込む側がウイルスを吸い込む量は大きく低下し、さらに、両者にマスクを装着させると、相乗的にウイルスの吸い込み量が減少したといいます。

なお、両者がマスクをしていなくても、距離が離れるに従って、ウイルスの吸い込み量は減っていくことがわかりました。

これまで、実際の新型コロナウイルスを使用した検証がなかったため、マスクの有用性については、懐疑的な見方をする意見もありました。しかし、今回の結果から、マスクを正しく着用することで、ある程度ウイルスの吸い込みを抑えられることが判明しました。

現在、入店時にマスク着用をお願いしている店舗は多いことでしょう。お客様によりご理解いただくためにも、この結果を示しつつ、マスクの着用が新型コロナの感染予防につながることをアピールしていくのがいいでしょうね。


新商品から、医薬品、ヘルスケア、ビューティ、店頭で生かせる知識が満載!
ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY.png


これもおすすめ!
【今からでも間に合う!】2020年度(令和2年度)の登録販売者試験 合格へのおすすめコンテンツ


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2020年
  • 11月 5日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?