登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: Be a 登録販売者!

四国ブロックの試験傾向・難易度は?【2020年度(令和2年度)登録販売者試験】

10月22日に四国ブロック(香川県、愛媛県、高知県)でも登録販売者試験が実施されました。難易度・傾向はどうだったのでしょうか?
以下、あくまでも解答例を作成したネットパイロティングの解答速報チームの見解です。

※なお、文中の<章>とは『試験問題作成に関する手引き』の<章>のことで、たとえば、<第1章>といった場合は、『手引き』の第1章に該当する部分については...ということになります。

自宅でWebからも受けられる!
疑問・不安を自信に変える「米山セミナー」「米山式模試」の詳細はこちら!

米山式合格サポートプログラム

2020年度(令和2年度)の四国ブロックの試験傾向・難易度は?

四国ブロック 登録販売者試験 総評

【第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識】
問題文中の単語を、似た言葉に変えて誤りにしたような問題が多く、読み違えたり、理解に時間がかかったりした人も多かったのではないだろうか。問題文をよく読まないと引っかかってしまいそうだが、難易度としては普通。

【第2章 人体の働きと医薬品】
副作用に関する問題が6問出題されていた。内容的にはこれまでもよく出題されているものだが、正誤問題では消去法が使いづらく、引っかけ問題が複数あった。難しめ。

【第3章 主な医薬品とその作用】
漢方薬関連の問題が7問、生薬関連は5問程度で、昨年とほぼ同じ。
漢方薬はほとんどがよく知られた処方についての出題で、とくに難しいということはなかった。皮膚に用いる薬が4問も出題されていたのが印象的だった。

【第4章 薬事に関する法規と制度】
難易度は普通だったが、あまり聞いたことのないような用語や文言などが使用された問題もあり、戸惑った人も多かったのではないだろうか。

【第5章 医薬品の適正使用と安全対策】
医薬品の副作用に関する出題が8問で、かなり多かった。また、別表の安全性情報からも出題があった。

いかがでしたでしょうか? 2章以外は、難易度は普通とのことですが、初っぱなの1章から問題の読解に戸惑った人も多かったのではないでしょうか?


ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY.png


試験の合格率は?
【最終版】令和2年度(2020年度)登録販売者試験の合格率は? 受かりやすかった県は?

おすすめ!
【最新版】都道府県別 登録販売者試験の合格ライン(足切りライン) 受かりやすさに違いは?

これもおすすめ!
【今からでも間に合う!】2020年度(令和2年度)の登録販売者試験 合格へのおすすめコンテンツ


★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2020年
  • 10月27日号
  • Be a 登録販売者!

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?