登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

実は7割近いシニアがスマホを所有!

smartphone_suwaru_ojiisan.png

イオンリテールは、同社の提供するイオンモバイルで、「シニアのスマートフォン利用に関する調査」を実施、その結果を2019年12月26日に発表しました。

一番の悩みは「類似アプリの多さ」

まず予備調査として、50歳~79歳の男女1万人のシニアに「所有している電子機器」について尋ねたところ(複数回答)、「ノートPC(50.3%)」「スマートフォン<Android>(45.1%)」「スマートフォン<iPhone>(23.4%)」の順となり、67.6%のシニアがスマートフォンを所有していることがわかりました。

「スマートフォンを利用している」と回答したシニア男女(6803人)から1000人を抽出し、連絡手段のうち「毎日利用している」と答えたもの(複数回答)について見てみると、「LINEでメッセージのやりとり(35.6%)」が最も多く、次いで「メール(33.5%)」「ケータイ電話やスマートフォンでの電話(19.6%)」「LINEでの音声通話(5.8%)」「固定電話<自宅の電話>(4.4%)」と、固定電話よりもスマートフォンを日々の連絡手段として活用していることがわかったといいます。

スマートフォンを利用していて便利だと感じることとしては(複数回答)、「天気予報が見れること(66.1%)」「LINEなどのコミュニケーションツールで気軽に連絡を取れること(65.1%)」「乗り換え検索や地図・ナビゲーション機能を使えること(60.7%)」という結果に。一方、スマートフォンを利用していて難しいと感じることとしては(複数回答)、「似たようなアプリがたくさんあってどれをダウンロードしていいのかわからない(32.6%)」「パスワードがアプリごとに様々で管理が大変(32.4%)」「アカウント設定<GoogleアカウントやApple IDなど>(22.1%)」となりました。

スマートフォンで利用しているアプリのジャンル(複数回答)としては、「天気(74.1%)」「ニュース(46.4%)」「ナビゲーション(41.1%)」「ネットショッピング(34.4%)」「SNS(32.4%)」の順となったほか、「クーポン/ポイント(28.7%)」「QRコード/バーコード決済(26.9%)」「タッチ決済(13.5%)」など、実店舗での買い物に関するアプリも活用されていることがわかりました。

昨年10月に始まったキャッシュレス決済に対するポイント還元制度や、各社の「●●ペイ」ポイント還元キャンペーンなどにより、キャッシュレス決済がシニア層にも浸透してきています。店頭では、スマホに不慣れなシニア層のお手伝いをしたり、スマホで疲れた目をサポートする目薬やサプリメントをご紹介する、というのも接客のいいきっかけになるかもしれませんね。


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2020年
  • 1月14日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • はてなブックマークに追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?