2020年登録販売者試験傾向と対策 合格率と難易度からのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の試験データをもとにブロック別の傾向と対策を徹底分析!

2019年度版合格率

[試験対策講座]

[登録販売者試験 都道府県別まとめ]

まとめ


▼DVDの講義内容はyoutubeにて一部公開
登録販売者ポータルチャネルはこちら


★ブロック別の合格率と難易度 出題傾向と対策★

  1. 北海道・東北ブロックへ
    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
  2. 関東・甲信越ブロックへ
    茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県
  3. 首都圏ブロックへ
    東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
  4. 北陸・東海ブロックへ
    富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
  5. 関西広域連合ブロックへ
    滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県
  6. 福井県へ
    福井県
  7. 奈良県へ
    奈良県
  8. 中国ブロックへ
    鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
  9. 四国ブロックへ
    香川県・愛媛県・高知県
  10. 九州・沖縄ブロックへ
    福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

北海道・東北ブロック(難易度:★☆☆)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

傾向と対策

例年通り問題文には難があるが、全体的にたいへん解きやすくなった。

直近3年の合格率

直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★☆ 頻出問題が多いが、よく読む必要がある。

第3章 ★☆☆ 例年通り漢方が少ない。

第4章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第5章 ★☆☆ 医薬品の使用上の注意に関する出題が少ない。

必勝ポイント

基本を押さえた学習をし、問題をよく読もう!

↑TOPへもどる


関東・甲信越ブロック(難易度:★★☆)

茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県

傾向と対策

4章は非常に難易度が高いが、それ以外はさほど難しくない。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★☆ 過去問をしっかり解いておけば解ける。

第3章 ★★☆ 例年通り、比較的漢方・生薬が多め。

第4章 ★★★ 過去に無いものや、非常に難易度が高い設問がみられた。

第5章 ★★☆ 医薬品の使用上の注意に関する出題が多かった。

必勝ポイント

過去問を解き、漢方、生薬をしっかりと学習!

↑TOPへもどる


首都圏ブロック(難易度:★★★★)

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

傾向と対策

かなりの高難度。細かい記述にひっかかると間違えやすい。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ よく読んで解答する必要がある。

第2章 ★★★ 昨年から一転、ひねった問題や引っかけのような問題が多かった。

第3章 ★★★ 漢方・生薬が多めだったが、全体的に出題頻度の高い内容だった。

第4章 ★★☆ 言い回しや細かな単語の書き換えによって間違えやすさを増している。

第5章 ★★☆ 医薬品の使用上の注意に関する出題が非常に多かった。

必勝ポイント

可能な限りの長時間の学習が必要。

↑TOPへもどる


北陸・東海ブロック(難易度:★★☆)

富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

傾向と対策

素直で解きやすくなった。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★☆☆ 一般的な内容。

第3章 ★☆☆ 頻出問題が多く、引っかけもない。

第4章 ★★☆ 消去法が使いにくい。

第5章 ★★☆ 消去法が使いにくい。医薬品の使用上の注意に関する出題が多め。

必勝ポイント

消去法に頼らない実力をつけよう。

↑TOPへもどる


関西広域連合ブロック(難易度:★★☆)

滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県

傾向と対策

問題文が読みにくいことで解きにくいものとなっていた。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★★ かなりひねった問題が多かった。

第3章 ★★☆ 漢方が多め。単語の入れ替えなどが頻出したため、注意深く読む必要があった。

第4章 ★☆☆ 一般的な内容だが、薬事としてはめずらしいほど簡単な内容だった。

第5章 ★★☆ 医薬品の使用上の注意に関する出題が多め。

必勝ポイント

漢方・生薬に注意し、試験では問題をよく読もう!

↑TOPへもどる


福井県(難易度:★★☆)

福井県

傾向と対策

関西広域の問題を元にブラッシュアップされたと考えられる。過去問として利用するならこちらを。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★☆ ひねった問題が多かった。

第3章 ★★☆ 漢方が多め。

第4章 ★☆☆ 一般的な内容だが、薬事としてはめずらしいほど簡単な内容だった。

第5章 ★★☆ 医薬品の使用上の注意に関する出題が多め。

必勝ポイント

今後、出題傾向が変わる可能性がある。試験実施日なども踏まえたうえでの対策を!

↑TOPへもどる


奈良県(難易度:★★☆)

奈良県

傾向と対策

過去の試験問題の流用で作られたと考えられ、改訂内容の反映などもない。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★☆ 頻出カテゴリーからの出題が多かった。

第3章 ★★☆ 多くは頻出問題で、比較的解きやすい。

第4章 ★★☆ 改訂以前の過去の頻出問題が多かった。

第5章 ★★☆ 引き続き、医薬品の副作用に関する出題が多め。

必勝ポイント

出題内容が大きく変わる可能性があるので、基本をしっかりと学習!

↑TOPへもどる


中国ブロック(難易度:★☆☆)

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

傾向と対策

文末や単語の入れ替えによる出題が多く、解きやすい内容になった。

直近3 年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★☆☆ 頻出問題が多くなり、また、解きやすくなった。

第3章 ★★☆ 傾向が変わったが、解きやすい内容になったといえる。

第4章 ★★☆ 一般的な出題内容で、よく読んで解答する必要がある。

第5章 ★★☆ 主語の入れ替えによる誤りの選択肢がよくみられた。

必勝ポイント

難易度が下がっているが、油断せずに対策を!

↑TOPへもどる


四国ブロック(難易度:★★★)

香川県・愛媛県・高知県

傾向と対策

例年通りの解答しにくい内容。ただし、消去法が使える。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ 一般的な出題内容。

第2章 ★★★ 昨年のような細かい記述はなく、選択肢の工夫で難易度を高めている。

第3章 ★★★ 一般的な内容ながら、出題の工夫で難易度を上げている。

第4章 ★★☆ 読み間違いのケアレスミスに注意。

第5章 ★★☆ 一瞥するだけでは見逃すような記述の書き換えなどに注意。

必勝ポイント

すみずみまで学習し、さらに、注意深く、よく読んで解答すること。

↑TOPへもどる


九州・沖縄ブロック(難易度:★★☆)

福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

傾向と対策

おおよそ例年通りだが、難易度は下げている。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ 細かな書き換えなどが多い。

第2章 ★★☆ 誤りの記述がわかりやすく、消去法も使え、難易度は高くない。

第3章 ★★☆ 迷いにくく、ある程度消去法も使える。

第4章 ★★★ 解答にはしっかりとした学習が必要な出題内容だった。

第5章 ★★☆ 誤りの選択肢がわかりやすかった。

必勝ポイント

傾向はあまりあてにせず、基本をしっかりと。

↑TOPへもどる

[試験対策講座]

[過去問]

[関連記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加