これは予想外だった!アンケート結果発表!!<2018年登録販売者試験>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年試験、受験者の皆さんに「ブロック別難易度」と「試験を受けて見てこれは予想外だったな~と思ったことは何か?」に答えていただきました。各ブロック別に集計していますので、今年の残りの試験、また来年の試験に生かしてください。「こんな言い回し、今までの過去問では見たことない!」などの声も上がっています。ukaru.png

是非、2016年からの過去問を以下からチェックしてみてください!
みんなで解けば怖くない! 過去問を解いてみよう!

これは予想外だった!ブロック別一覧

      1. 北海道・東北ブロック
        北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
      2. 関東・甲信越ブロック
        茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県
      3. 首都圏ブロック
        東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
      4. 北陸・東海ブロック
        富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
      5. 近畿ブロック
        福井県・滋賀県・京都府・兵庫県・和歌山県
      6. 大阪府
        大阪府

北海道・東北ブロック

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

難易度(全体)

北海道・東北ブロック

これは予想外だった!

          • 午後の問題が難しすぎる
          • 試験中もトイレ離席がオッケーということ。20分前には着席し、説明開始するので、直前詰め込みは20分前に完了。
          • 午前中は比較的点数が取りやすかったですが、後半関係法規の部分で、あまり過去問で見たことないような問題がありました。
          • 試験の内容 参考書にはよく出ると言われない生薬、女性特有の問題が出ました。 ルール 机の上には、鉛筆、シャープペンシル、消しゴム、鉛筆削り、ティッシュを使いたい人はケースから出して置くように言われました。 開始から1時間後に退出。終了10分前になると退出できません。 昼食は教室を解放。 試験開始の30分前に説明。説明が終わり、問題用紙、マークシートが配られ、マークシートに名前と受験番号を書いて、後は試験始まるまで、15分位待つ。 設備 エアコンが寒かった。羽織りものがあって良かった。 予想外 解答速報が早かった。試験会場前に配られた紙には、試験翌日に速報。と書いてあったが、即日出た。
          • 時計を机におけないこと。
          • マークシートの塗りつぶす部分が細かったこと。
          • 過去問3年分にはなかった問題が たくさん出ました。
          • 2,4,5章において、今までと傾向が違い解いている最中の手応えなどが全く無かったのですが、速報解答と照らし合わせた結果ほぼ満点近く、合格することができました!
          • 試験の内容に関してです。 しっかりやっていれば秒殺で解ける問題ばかりでしたが、 例えば、同じところに効く成分の中でもどう違うのか、 生薬は何から出来ていてどう人体に作用するのか、 等少し掘り下げて理解すべき内容を問う問題が多い印象でした。
          • 第1.2.4.5章は、70%?95%の解答率でしたが、過去の問題に比べて、深い理解力が求められ、設問もより、専門的に作られていました。足を引っ張ったのが、第3章で、例年より生薬、消毒、殺菌の比率が多く、改定箇所や設問方法が変化したように思いました。第3章が足を引っ張りましたが、非公式ですが、各40%以上、総合70%以上取得できておりましたが、公式発表を待ちたいと思います。
          • 意外と3章が簡単でしたが、午後の245が難しかった!
          • 途中退室出来る時間になると 何番から何番までで退出希望の方?! って言うのが延々と繰り返され、なんとその20分後にまたやる!という嫌がらせ。 まだ解いている人もたくさんなのに。 あれは改善した方がよいわ、、、
          • 過去問と言い回しが違う問題が多かったかも?5章は個人的には難しかったです。 3章はスタンダードな問題が多い印象。
          • 3章で生薬、漢方の問題が思ったより少なかった。
          • 見たことの無い質問
          • 一般的に東北ブロックは「比較的易しい」とされているようですが、だからといって1週間そこそこで合格できるものではありません。 午前の部、第1章は基本通りです。 第3章は昨年の方や他県の方々おっしゃっていたように、漢方と生薬が多めに感じましたが、捻るような問題の出し方はされていませんでした。 午後の部に関しては、私も問題を見て戸惑いましたが、周囲にいた方々も「今まで見たことない問題が出た」とおっしゃっていました。 基本をおさえておけばある程度の点数はとれるかと思いますが、過去問の頻出問題は勿論、やはりテキストに隅々まで目を通しておくべきだと痛感しました。
          • 2018年の改訂箇所がガッツリ出てビックリしました(ノ∀`)
          • 北海道で受けたけど試験監督の声がうるさく、午前、午後と同じ説明は要らないと思った。試験に集中出来なかった。 予想以上の受験者の多さにびっくりした。
          • 冷房がききすぎて寒かった。 受験者が昨年より約600人も増えた事が驚きだった。
          • 漢方に山を張っていたのにあまり出なくて思うように点数がとれなかったです
          • 午前問題は簡単。 午後問題は改訂内容も出題され、難度が高かった。
          • 試験番号の記入漏れを、試験官の方が指摘してくださったので、助かりました。もし教えてもらえなかったら......。感謝、感謝です!
          • 午前中の医薬品に共通する特性と基本的な知識は、かなり楽でした。医薬品とその作用も通常よりやや楽でした。問題は、午後からの人体の働き・薬事法規と制度が難関でした。問98は訂正問題で差替えプリントが試験開始直後に配られ、ペースを狂わせられた感じがしました。問98の (C)はまったく別の問題に変わっていました。問題用紙の印刷前に気づき、前もって訂正して欲しかったです。これは合格率の低下に、間違いなく影響を与えますよ。 医薬品の適正使用と安全対策は割と楽な問題が多かった気がします。
          • 試験の30分前から試験の説明があって、説明が終わったあとはテキストを見ることも出来ずに、試験開始時間まで座っていなければいけないとは思わなかった。ギリギリまでテキストで確認したかった!
          • 途中退室許可されるのは良かった
          • 4章が群を抜いて難しかった!一番楽観視していたから。
          • 2章、4章の難易度高い
          • 新しい法規も出た。
          • 今までの形式問題をぶっち抜いたものばかり
          • それほど引っ掛け問題はなかった。
          • 「薬事に関する法規と制度」が難しかった。ここだけ、駄目かと思った。まったく勉強してないところがでるし、なんのことやらで勘でやった。
          • 全体的に過去問の内容が多め。近畿地区と同様に4・5章の今年の改訂箇所は他の場所でも数問出題ありそうです。
          • 会場に入るまでの行列ができていた。 会場15分前に余裕を持っていくことをオススメします。
          • それぞれがみんなテキスト見たりして、待機していましたが、おしゃべりが気になり、全く集中できなかったので、イヤホンがあると良いと思いました。
          • 午後はまだ25分前なのに席に座れと言われたこと。 お手洗い混んでて行けませんでした。
          • 1.3章が例年以上に優しい代わりに、4章.5章の問題が難しいと感じた。5章は初見の問題形式もあり、数字に対する感度が必要だった。
          • 改訂部分が多く出題されました。 テキストは最新の情報をこのサイトやネットから、自分で積極的に取りに行く必要があると感じました。 宮城は、受験票に書いてある会場住所が違うという(施設名は合っていて、番地が違った。開始前におわびがありました)ことがありました。 会場自体は仙台駅目の前で好アクセスでしたが、遠方から来る方は困った方もいるかもしれません。
          • 過去数年の問題よりはやさしかったような気がします。結果ちゃんと受け取らないとわかりませんが。聞いたことない漢方が出てました。 会場で昼食がとれなかったのが面倒でした。ロビーとかで床に座って食べたり勉強してる人が多かったです。会場で昼食をとれるようにするか、別室をもうけてほしかったです。
          • 午前(一章三章)は思いの外簡単でした。ですが午後は読み込めば読み込むほど不安になるような問題がおおいように感じて苦戦してしまいました。頻出問題が少なく感じました。新しく改訂したところも出ました。
          • 2・3章が難しかった。 ただ、3章は近畿よりは優しいかな。 とにかく1章満点で点数を稼げたことが合格に繋がった(笑)
          • 改定箇所がそんなに出題されなかった 生薬、漢方も覚えている方が得点源になっていた
          • 4章5章解いてた時吐き気で頭真っ白になっちゃいました、もう終わりかなと思って意外と点数が取れてました。
          • 2ヶ月間ひたすら過去問を解く方法で勉強しました。 しかし見たことのない問題や難しい言い回しの選択肢がちらほら見受けられました。 手引きの改訂箇所も確認しておくべきだったと痛感しました。 毎年恒例ですが会場に時計はありませんでした。
          • 長机を使っていたので、消しゴムで修正する度にガタガタ揺れた。
          • 難しい問題もありましたが、大半が、かなり基本的な問題でした。 先に近畿ブロックの問題を解いて、「やばい・・・」と思っていたのですが、今回は、捻った問題も少なく、かなり難易度は低めだと思います。
          • 受験者の数が多くて驚きました。
          • 20分前には試験説明が始まり、15分前には問題と解答用紙が配布された。
          • 私にとって文章がややこしかったです
          • 岩手県 体育館の真ん中で試験。空調の音気になった。4章は...無理。ほかの章は普通。
          • マムシの生薬は初見でしたが、消去法で解けました。 郡山の会場は寒かった
          • あんまり過去問から出なかった気がします 試験会場は試験人数にもよるのかもしれませんが結構狭くて圧迫感があり、端の席だとウロウロしてる試験監督の存在が気になります笑
          • 午前は簡単な感じがしたが午後の問題が難しかった
          • 午後の問題、第5章が難しかった。
          • 三章において、生薬が多かった。
          • 午後はちょっと難しかった気が、、、
          • ないです!
          • 「薬事に関する法規と制度」「医薬品の適正使用と安全対策」の穴抜け問題がどれもなかなか手強かった。他は特に難しいところなし。(生薬・漢方は知らん笑)
          • 主人が去年受けて合格したので、今年初めて受験してみました。 まだ午後の分の丸付けは出来ていませんが、体感的には午前がやや易化で午後が例年通りorやや難化しているように思えました。 去年全体的に易化していた為、今年は難化すると言われていたので少し拍子抜けしました。 また試験会場についてなのですが、解き終わって退場した後に待合室など用意して頂ければありがたかったです。 ほとんどの方が試験会場の外の廊下で30分程立って待っていたので...
          • 2.4.5章が変わったところが出たイメージ。 よく出る問題とは違うような気がします!
          • 生薬、漢方の出題多い 改定事項の確認必須です
          • 300人入る大きな一部屋でした。 試験官の方は全員で6人だったと思います。
          • 隣のねーちゃんが午後スタートと共に爆睡してた
          • 三章のみ漢方成分などが過去問にない成分があり苦労しましたが、その他の問題はそれ程難易度は高くなかったと思います。
          • 午前中の1章と3章はほとんど過去問から出てたので余裕だったのですが、午後が全く過去問と違って厳しかったです... 午前中で点数稼げていない人は落ちるかも。
          • 昨年と試験会場が変わったが、札幌駅近くでいきやすかった。 3章で生薬の問題が多かった。
          • 3章が成分、生薬問題多数
          • 福島で受験したのですが、かなりの受験生がいました。5000人くらい?

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 参考書をすみずみ見たほうがいい多思う
          • 1回全体をサラーと勉強した後に、過去問3回以上やれば、受かると思います。
          • 解答速報で答え合わせするのに、表紙にでも、マークシートに書いた答えを写しておけば採点が楽だった。
          • たくさん勉強しないと受からない
          • 正直、テキストの赤字の部分を重点的にやる時代は終わった気がする。隅々まで頭に入れて、手引きも理解して、ひたすら過去問解く!!受験希望のブロックだけじゃなく、あちこちの地方の過去問も解く!んで、試験前日はちゃんと寝る!当日は時間に余裕もって会場に行く!トイレもしっかり!試験最中退席可能な時間になるとそそくさ出てく人もいるけど、気にしない!試験終了まで自己採点しない! と、偉そうに言っておりますが受かってるかどうか何とも言えない自分ですw
          • 試験前2週間前から勉強を始めても合格できました。 我こそは頭が良いという方は2週間前からの勉強でも十分ではないでしょうか。 ちなみに当方、自己採点結果は101点でした。
          • わりと素直な問題ばかりでした。 「まさか、ここは出ないだろう」というところばかり出ます(笑) そういうところもしっかりやっておくことが大切だと思います。
          • やはり、1年前の今から、試験対策に取り組んだ方が良いと思います。昨年度の問題で基礎力などを身につけ、本年度の問題を解き、計画を立て、他府県の問題にも私は取り組みましたので、あらゆるレベルで、実力を付けて下さい。そして、日頃から楽しみながら、医療品などに興味を持たれるのも良いと思われます。
          • 過去問を有効活用することと、生薬の暗記は地道にやりましょう
          • クーラーが寒い場所があります。上着必須。トイレは来る前にコンビニで済ませてから来た方がよい!
          • ココデルをやりきれば合格出来ます。 早めの行動が鍵です。遅くとも6月には死ぬ気になりましょう。 また、漢方はなるべく捨てないようにしましょう。
          • なめたもんじゃない
          • 過去問を解くかテキストから入るかで悩む方も多いと思いますが、最新の情報が出題される可能性もなくはないので、どちらから始めても良いと思いますが苦手分野の過去問は間違ったらテキストの索引ですぐ調べて、頭に入るまで繰り返すことも一つの手だと思います。 完全独学でこちらのテキストを頼りに、公開されている過去問を3ヶ月で10回以上解きましたが、合格率が低いブロックの問題で8割程度安定して取れるようになれば、とくに1・4・5章あたりは満点近くとれると思います。
          • 必勝法は、、 わからなくてもココデル過去問をひたすら解く→わからない部分はテキストで学習、、の繰り返し。 第3章の成分は寝る前にスマホで覚える。 この勉強方で2ヶ月間、なんとか102点とれました。
          • 問題文をしっかり読み、過去問題集や一問一答など問題を多くこなせば、合格はできるので最後まで諦めずに頑張ることです。
          • その年の天候にもよりますが、万が一寒い時用にカーディガン等を持参するといいと思います。
          • その年によって傾向が違うので過去問をとにかく解くことをオススメします
          • 早くできても途中退席せず、最後まで見直しをしよう。
          • しっかり勉強すれば、必ず合格できます! 「全然勉強してないよー」を不合格の言い訳にしちゃ、だめ!
          • 難関の医薬品とその作用を午前中で楽勝出来ても、油断せずに、午後からの問題も結構大変です。 午後からは、疲れでペースが落ちるので、注意が必要ですよ。
          • 時間に余裕を持って到着した方がいいと思います。あと、試験終了まで待たずに会場を出た時に座ったりできるように小さいタオルなど敷けるものがあるといいと思います。
          • 過去問しっかり!
          • とにかくテキスト読み込みと、あとは過去問4年分くらいやり込むにつきる。
          • 改訂されたところもきちんと勉強しておけば、大丈夫!
          • もうわかりましぇん
          • 基礎をしっかりやれば大丈夫だと思います。
          • 過去問等を時間がある時に少しづつやるだけでも応用できるので正解率は上がると思います。
          • 前日は、早く寝る?? 4章5章の読み取りをスムーズに出来ると良いかと。結構時間ギリギリでした。
          • 今回は過去問以外ばかりでした。 だいたいの方は二章、三章が不安かと思いますが、四章、五章も結構難しく、過去問にはない問題ばかりでした。 勉強してみて一章→四章→五章→二章→三章の順で勉強するといいと思いました!!
          • 改定された4章の問題が多く出題されたので、4章は出来るだけ読み込むべき。3章は頻出成分のみでも高得点を狙える。
          • 私はとにかく各都道府県の過去問をプリントして解きまくりました。 スマホで問題をとくだけでなく、紙に書いて5択に慣れておくこと(書き間違いとか、問題を最後まで読まなくて間違うなど)自分の癖が見つけやすいので、各県が公開している過去問はプリントして解くことをお薦めします。 あとは改訂部分はしっかり調べること。 米山セミナーは本当に出て良かったです。 すごく理解が深まったし、改訂に対する予想問題も役立った。 来年また同じモチベーションで勉強できる自信がなかったので、お金がかかってもしっかりミッチリやっておいたのが功を奏しました。
          • やはり繰り返し過去問を解くことですかね。
          • 過去問はもちろんですが改訂したところもしっかり勉強しておいた方がいいです。生薬も漢方も今は捨て問とは言えないと思うので過去問に出たものくらいはしっかり覚えとくといいと思います。
          • 2・3はコツコツ準備を! 4章、油断ぶっこいてると細かい引っ掛けで点数とられます。
          • 過去問からの出題が多いので、過去問(他府県のものも)を一通りやった方がいい。 それで出来なかったところをテキストにマークして完璧に覚えられるようにすれば合格出来る。 私も独学でこの方法で試験に挑み、9割獲得出来たので参考にしてください。
          • まずざっと一通り参考書に目を通したら、過去問を何回も解いて、問題の特徴を掴むことが大切だと思います。過去問でよく出題される成分名から覚え参考書でよく理解していくのがいいと思います。
          • 過去問と似た出題が多かったため、過去問とテキストを繰り返せば落ちることは無いと思います。
          • じゅうよう
          • とにかく4章5章気をつけましょう。
          • 上にも書いた通り手引きの改訂箇所は覚えておいた方が良さそうです。 基本中の基本ですが問題は2回以上読むようにするとケアレスミスがかなり減らせます!
          • 空調があまりよくないので、調節できる恰好で行くことをオススメします。
          • DVDの解説を、しっかり聞いておくと、理解が早まり、後からの復習が楽だと思います。 米山先生が口頭でサラッと解説しているところも、聞き流さずしっかり聞きましょう!
          • 改定内容など、最新の情報を良く覚えた方がいいです。
          • トイレも混んでいたので、とにかく早く会場に着くようにしたほうがいいかもです。
          • 過去問解いてください
          • 過去問だけは完璧に。
          • 過去問をしっかり解けるようにすれば、合格ラインにいくと思います。
          • 頻出問題だけを重点的にやらないほうがいいです 赤字、太字になっていないところからも結構出ていた気がします
          • 過去問を理解していれば合格はできると思います。
          • 年々難しくなるかも知れません。 早めに勉強しましょう。
          • 気合いでしょ!
          • 過去問ってあんまりあてにならないかも
          • 過去問解きまくればいけます!
          • 漢方・生薬は代表的なもので十分合格点に達する。捨てるものは捨てる。細かい穴抜け問題がでたので「薬事に関する法規と制度」は気持ち早めに勉強を始める。
          • 今年とほぼ同じ内容で出るならば、そこまで捻くれた問題は無いと考えて良いと思います。 基本さえしっかり身につけていれば8.5割位はすんなり解けるので頑張って下さい!!
          • 全体的な勉強が本当に大事だと思います。高望みしないで92点くらいを取れるイメージで!
          • まだ、自己採点が途中なので合格したかどうか不安ですが、登録販売者の勉強したことで、もし資格が得れなくても自分の生活で役に立つ内容だと思います。 勉強の時から、ビタミンや、特保など自分の生活に関係ある内容だという風に考えると、身につきやすいかもしれないですね。
          • YouTubeべんりっす
          • がんばれ!
          • 漢方特に生薬は、きちんと勉強した方がいいとおもいます。
          • 過去問を積極的にやっていれば難しくありません!
          • 絶対一年で合格させたい資格なので余裕があれば私みたいに数箇所受験をお勧めします。やはり3章は一番時間をかけるべき、次に2章、4章。3章と2章は並行して勉強するとにより薬品の発現の仕組みや体への流れなどが理解できます。

→「試験にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


関東・甲信越ブロック

茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県

難易度(全体)

関東・甲信越ブロック

これは予想外だった!

          • 台風で昼休みが30分になってしまった。
          • 午前の部と午後の部の問題の雰囲気がガラリと違った。
          • 寒かった。試験官の声が小さくてよく聞き取れなかった。説明終了から試験開始まで20分以上あり、15分前集合で充分。
          • 4章が難しく、問題文、回答文ともに言い回しが難しいものが多い印象を受けた。
          • 第4章の問題作成者は来年以降変更した方が良いと思いました。登録販売者の必要条件を試験する、と言う根本から乖離した試験内容でしたので。私は合格なので良いのですが、来年以降しっかり勉強して要件に足りている受験生が趣旨から外れた問題により落ちるのは見るに耐えません。
          • 筑波大学で受けましたが、受けやすい環境でした。
          • 第4章が、過去問と全く傾向が異なり、かつ参考書にも載ってなかったような出題があったので困りました。
          • 三章が漢方、生薬がたくさん出て難しかった。
          • 第4章は薬局に関わる問題が多かったです。 第5章は使用してはいけない状態について問われる問題が多かったです。
          • 予想外なことはない
          • 法規でテキストに記載がないものが結構あった。
          • 4章薬事関係法規が、やったこと無いよ!知らない言葉だよ?、と思う事が多くて、 初めから泣きそうでした。案の定、それはよく出来ず
          • 群馬試験場クーラー効きすぎ
          • 午前に第4章からはじまりました。 見たこともない問題だし 余りにもわからなくて動揺しました 速報20問中10問でした、、、 問題ひどすぎました
          • 今までの過去問にくらべて「薬事に関する...」や言い回しが難しかった。 会場のトイレ数が少なすぎ!!
          • テキストに載ってないことがいくつも出た。高圧ガス保安法って何だよ?
          • 特になし
          • 歯槽膿漏の薬とか テキストに載っていないような問題もありました。 そして、定番とも言える葛根湯の問題はなし。 変化球すぎました(笑)
          • 4章の問題に見たことないものが多くありました。過去問や模擬試験で解いたことない問題があり悩みましたが、サービス問題もあり、それは絶対に落とせないと思いました。 初受験でしたが、1時間で退出する受験者の多さに驚いてしまいました。
          • 過去問では一度も見たことのない従事登録の分野からも出題があった。 試験官が30分毎に時間を知らせてくれるが、茨城大学は時計がなかったので腕時計必須。 厳重な監視と雰囲気を予想していたが、試験官が試験中に私語をする、教卓の上の物をぶちまける、資料をペラペラと大きな音を立てて読む等終始ゆる?い雰囲気だった。 マークシートが横長マークだった。
          • 4章でかなり点数を削られ、午前でもう帰ろうかと思うほどでした。
          • 医療用医薬品に関する問題が4章において2問ほど見られました。勉強に使った参考書が去年のものだったせいか全くわからなかったので不安でした。
          • 試験会場が暑かった。 医療用医薬品関係はほぼ出ないと思っていたので、最初の第4章でいきなり出鼻を挫かれ焦った。 自社の研修で要点とされてた部分以外の細かい問題が多かった気がします。
          • 初めての挑戦でした。 自分がこんなに緊張して学んだ事が出しきれなかった事がショックです。
          • 4章薬局の問題に偏りすぎて難しい。
          • 4章は改訂分が結構出たし、他の方が言う様に少し難易度が高かったのかとは思います。しかし、増加傾向にあった漢方は少なく、全体的には平年並みなのかなぁと思いました。 出来た人から途中退席出来て、中にはメッチャ速い人とかいて焦るし、ガタガタ音で気が散る。 そんな感じなら待ち時間の方を短くしてほしかった。
          • よくよく見るとひっかけ問題みたいなのもあってすごく悩みました 生薬の所で似たり寄ったりなところあり、一つの部分に偏るような問題が多かった気がします。
          • 正しい文章を答えなさい、という問題が毎年必ず出題されます。
          • 冒頭まさかの4章で躓いた!!家で採点してみたら11点。試験中は「これ受かるのかよ・・・」そんな気持ちであとの問題を解く羽目に・・・精神的にキツかった。29年度を6ブロック分やってここがネックだったことなかったのに。ユーキャンテキストでは載ってない問題が多かった印象。ただ他の章でカバーが効いてなんとか101点。受かってくれればいいけど不安です。
          • 4章だけが、細かい意地悪な設問が多かった。
          • 9月の試験だったのですが、会場の教室内がエアコンの効きすぎでものすごく寒かったです! 羽織り物を忘れた私は寒すぎで、手足が冷えまくり、試験管の方にエアコンの温度を上げてもらえませんか?と言ってしまいました。 快く対応してくださったのですが、その後も寒さは変わらず... エアコンの風が直撃する席だったので、それも相まって... しまいには、試験管の方に、唇が紫色になってますよ!席を移動しますか?と、特別に声をかけていただき、エアコンの風が当たらない試験管の目の前へ移動させてもらい、試験を受けました。 あのままだったら、確実に体調不良で倒れていたレベルの寒さです。
          • 宇大で受けました。部屋が南側に面していて、冷房は28度以下はダメと部屋に張り紙があり、午後はめちゃくちゃ暑かったです。 米山先生のセミナー2日間受講受けましたが、ここポイント、大事、言っていたところが出て、落ち着いて問題解けました。おかげさまで4章が速報見て自己採点で17点とれました。 合計で101点で合格できそうです。 ありがとうございました。
          • 四章が、半分しか出来なかった、トータルで91点...。薬事法を読み込むべきだった。
          • 4章が意地悪な問題が多かった
          • なし
          • どの章も難しかったですが、特に第4章が難しかったと感じました。
          • 試験を受けた部屋が寒すぎた。
          • バスの混み具合
          • 4章が細かすぎ! 他はしっかり読めばOKでした。
          • 改正された所が割と多めでした。
          • 第4章に改正された部分の問題が多数出た
          • 新潟大学でしたが、敷地が広く場所が分かりにくかったです。バスも混んでいたので早目に出て良かったです。
          • 福島より2章 、5章がエグい
          • 今年で2回目でしたが、相変わらず4章がズバ抜けていやらしいし、難しかった 過去問やっても半分は出なかった
          • 4章で医療用医薬品についての問題が2問出題されたのは予想外でした。
          • 四章が難しかったです
          • 4章が過去問集だけでは難しく、足きりにはならないが得点源にはならなかった。
          • 4章が難しかった。薬局についての知識を問われる問題が少し多かったように感じた。
          • 4章の改定部分の出題率が高い
          • 4章のみ難しかった。その他は過去問とほぼ変わらない
          • 試験の内容に関してですが、 何問か言い回しが難しく、受験者をひっかけようとしている問題がありました。 それに気付けば良いのですが、まんまとひっかかり間違えてしまった問題がいくつかありました。
          • 四章
          • 特になし
          • 問題文が嫌らしい。去年より合格率わるいんじゃないかな...山梨
          • 生薬は、思ったほど出なかった
          • HBより濃いえんぴつを使用して下さいと記載。イスが硬くて痛い。やはり寒い。
          • 第4章薬事に関する法規と制度の言い回しやなどがいやらしい!! 改定問題も多い。
          • 引っかけが少なかった。
          • ハンカチ机に置けなかった
          • 問題文がわかりづらい

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 過去問は参考書2~3冊分やった方が良い。 午前の部だけでも参考書1冊じゃカバーしきれていない。午前の部午後の部の全問題カバーするには最低400~500問くらい必要。
          • 手引きをもっと読み込んで下さい。
          • 押さえるべきところをしっかり押さえて、文章の読解力をあげていくとよいかもしれないです。
          • 私は申し込みの期限で茨城県受験しましたが(他県在住)、他地域受験んお勧めします。 問題作成者に疑問を感じる、奇問、難問が多いの!
          • 今までの過去問が参考にならないくらい難しいです!
          • 3章はとにかく暗記!暗記すれば解ける問題ばかりだったので、ここで失点するのはもったいないと思います。
          • 過去問だけではなく、いろいろな問題集やテキストを読み込むと良いです。
          • 本番では初めて見る問題ばかりで動揺するかもしれませんが、確実にわかる問いを解いて選択肢を外していけば合格点に近づけると思います。 最低5年分の過去問をたくさんやることをオススメします。
          • 過去質やテキストを読み込むことが大切
          • 時間に余裕を持って試験会場に行く。道路工事をやっていて、渋滞していた。
          • 最後一ヶ月は、過去問を解く解く解く!に限る、です
          • たまに美人がいて気になった
          • 頑張ってね。私も頑張ります。
          • 各都道府県の模擬問題集やってもわけわからん問題や見たことない言い回しが出るので慌てず他で挽回してください。
          • 改定がない来年がチャンス!頑張ってほしい
          • 時間はたくさんあるので、しっかり問題文を読みましょう。 基礎をしっかり固めていれば、合格点に届きます。見たことのないような問題があっても、心折れずに挑みましょう!
          • エアコンがきいていて少し寒いので、羽織るものを持参するといいと思います。 試験終了前に退出する人 多数ですが、気にせず しっかり見直しをした方がいいと思います!私は見直しの時、間違いに気づきました。
          • 勉強すればした分だけきちんと結果の出る試験。3章の問題は時間をかけずに解けるが、他はとにかく読む量が多いので早く正確に読む訓練が必要
          • 過去問だけでなく、手引きの最新版をチェックが必要です。
          • 時間には余裕がある試験なので、本番ではじっっくり考えて記憶を蘇らせましょう!
          • とにかく落ち着いて自分のペースを乱さない。 わからない問題も他の問題からヒントが見つかる可能性あり。
          • 計画を立てて勉強しここまでやったから大丈夫!と自分を信じることができればここまで緊張しないで良い結果が出せると思います。
          • 他の人との競争ではないし、努力したなりの点数が出ます。満点を獲るのは難しいかもしれませんが、ちゃんとやれば必ず出来る内容だと思います。
          • 問題文をよく見て単語一つ一つの理解の深さが必要だと思います
          • テキストの文言を、しっかり頭に叩き込んでください。 細かな箇所が試験に出ます。 文言短いからといって侮ってはいけません。
          • 今回の4章は結構引っ掛け問題が多かった。法律関係や読解が苦手なら、他でカバーするっきゃない。だから1,2,3,5章はしっかりやっておくこと。ここは覚えるワードは多いけど、身体のつくりや薬にはそれぞれ特徴や意味があるし関連付けられるから覚えやすい。特に漢方と生薬は引掛けが少なく、丸覚えすればそのまま点数取れるから!!!捨てちゃだめ!!!
          • 初めの1ヶ月はテキスト何度も熟読して、その後の2ヶ月はひたすら過去問やって間違えた場所をテキストに戻って徹底的に覚える方法で3ヶ月みっちりやれば大丈夫だと思います。
          • 今年は、試験の手引き?が改訂された直後の試験で、ものの見事に改訂箇所が出てパニックになりました。 来年は改訂がないといいですね! そして、やはり試験当日は、会場までの遠さ、緊張、焦りなどでやはりいつもの力が発揮できないように感じます。 試験会場の写真を見て、シュミレーションをし、本番さながらの環境を作って、当日にあまり緊張しないように気持ちを慣れさせておくのも大切だと思いました。 試験終了後は、人生で五本の指に入るくらいドッと疲れ、帰りもまた試験を受けた千人近くの人混みの中ぎゅうぎゅうでバスに乗り、電車で帰り、、、 想像以上に疲れたので、覚悟しておいた方がいいですよ!!
          • 法規は実際の実務と違うこともあることを理解する。そしてやっぱり丸暗記!が大事です。 頑張ってください。
          • 四章をしっかりと。 ますます難しくなっていくと思う
          • 生薬や漢方を捨てずに!成分名も頑張って覚えて!
          • どの章も、まんべんなく点数がとれるようにしていけば良いと思います。
          • 過去問を解きまくってください! 解いた問題の数があなたの実力になります。
          • とにかく4章は年々難しくなりそうなので注意です!
          • 改正箇所を中心に浅く広く
          • 改正項目はよく目を通した方がいい
          • 早目に出発してください。
          • 群馬は、4章が一番難点です! 教科書丸暗記しないと本当に難しいです。
          • 直前は過去問を解きまくるのがおすすめです!
          • 4章を除けば、過去問集のみでなんとかなるかな。
          • 4章は細かい所まで読んで覚えた方がいいかもしれない。
          • 4章、5章は引っ掛けが多いので文章を良く読んで解答すべき。 過去問でこのパターンの解答はこれって決めつけると間違える。 問題の文章が意地悪
          • 漢方薬は侮れない!
          • 頑張ってください
          • 関東・甲信越は他のエリアと比べてやや難しい印象を受けました。 しっかり過去問を解いて言い回しや難易度に慣れておいた方がいいと思います。
          • そこでる?ってところがでてくる
          • 漢方大事
          • 今年落ちてたら来年は山梨では受けません??
          • 細かいところまで 覚えておいた方がいいです!
          • 薄い上着は必須(皆さん持っていた)。
          • 改定箇所が多く出る可能性が。 ポイント!みたいなところ以外も見ておく必要があるかも。わからない問題が続いても焦らず、分かるところを進めていく!見たこともないものは見直ししない!混乱して他の問題も自信がなくなってしまう(;´Д`)
          • 問題になれること。
          • 椅子が硬くけつが痛い
          • 薬局での医薬品販売についてしっかり勉強

→「試験にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


首都圏ブロック

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

難易度(全体)

首都圏ブロック

これは予想外だった!

          • やや細かい知識を問う問題が多かったです。
          • 生薬がとにかく多かった
          • 午前の部は過去問を解いてたらできる問題が多く感じました。午後の部の3章が近畿ブロックや北海道に比べ、難しかったと思います。
          • これまでと出題形式が違って買った教本には載ってないとこもありました。 きちんと厚生労働省の手引きを読まなければいけないなー。と思いました。
          • 設備。首都大学東京南大沢で受験。空調が部屋個別管理ではなく、建物で一斉管理されていた。そのため、外は暑いのに部屋がめちゃめちゃ寒くて、長袖の羽織れるものがあったほうがいいと思った。
          • 1 2 4 5章は易し目。3章は漢方や生薬が結構たくさん出た気がします。
          • 漢方の問題が結構出てた。 特徴のあるキーワードさえ覚えておけば解ける問題だった。 引っ掛け問題はほとんどなかったので、優しく感じた。 また、回答の選択肢も親切な感じで、もし問題が1つ分からなくても、消去法でいけばクリア出来るという感じ。 手引きの注釈などが出るかと思っていたが、全然出なかった気がする。
          • 千葉の国際展示場会場は午前中、めっちゃ寒かったです(~_~;)
          • 3章以外は基本的で簡単な問題でした。 3章はマイナーに漢方や成分に悩まされました。
          • 会社の研修ではスルーした成分がいっぱい出てきてかなり動揺してしまいました。 午後の試験、しょっぱなから不安な気持ちになりました。
          • 併願受験した静岡より簡単に感じた。
          • 過去問からの出題傾向が全く違ったのに驚きました
          • 冷房寒い。
          • 4章の改訂部分が出るかと思ってしっかり勉強したがまったく出なかった。寒いとよく聞くので膝掛けを持っていったが寒くなかった。(当方、神奈川、国学院で受けました)
          • 1.2.4章は比較的解きやすかった。 5章は簡単なものと考えさせるものがあった。 3章は成分名と作用のオンパレード。 一つ一つの成分とその作用を覚えていないと解けない問題が多かった。難易度はとても高いと思う。
          • 殺虫剤の配合成分と分類の組み合わせ問題は「やられた感」たっぷりでした
          • 第3章が難しすぎました。。 自己採点したら第3章で間違いすぎて合格点に届きませんでした。(他は8割程度)
          • 漢方、生葉。。 マイナーな成分ばかりで過去問を解くだけでは...かなり厳しかったです。 参考書の隅から隅まで読んで覚えてないとムリなくらい難しかった。
          • 着席時間から試験開始まで30分もあるとは...。その間はもちろんテキストなどは見れないですし、午前はちょっとイライラして過ごしてしまいました。午後は仮眠に充てました。
          • 特にないです。
          • 3章の問題に、漢方が多かった
          • 1章、5章は満点狙えます。でも、3章は、なかなか手ごわいです。あと、次のうちから2個選ぶという形態の問題は一つもなくて、過去問ばかりやっていたので、意外に感じました。
          • 午前2時間 午後2時間だった事。 1章事に分かれているのだと思った
          • トイレがすごく並んだ!女性は15分かかりました。。
          • 午前中に4章の内容も出るって調べてなかったので少し驚いた
          • 東京で日大の水道橋だったのですが、机と椅子が狭いし硬い...
          • 3章、漢方 生薬多かった
          • 3章がほぼお手上げ! 漢方沢山出ました!
          • 3章は過去問が意味なしという位。こんな成分あったっけ?というのと、参考書も詳しくはのせてないものも。 激ムズーでした。
          • 会場がとても寒かった。Twitterで上着持っていってね、という呟きを見なかったら午前中は凍えていたかも。午後は少し暖かくなった
          • 知らない成分ばっかりだった
          • 過去問やってたらできるという内容ではなかったと思う、とっても難しいかった!!
          • 三章に生薬漢方が沢山でました。 過去問ぶっちゃけあんま意味なかったです。 マイナーな種類も多かった気がします。 でも、午前中は比較的解きやすかったです。
          • それテキストにあったっけ?という成分が出てきてびっくりしました。
          • 生薬以外なとこでた。漢方薬 も自分の覚えた漢方薬も言い方違ってたり難しいかった
          • 武蔵野大学空調効きすぎて寒すぎた 後ろの人も寒い寒い言ってた、ほんとその通り
          • 漢方や生薬が捨て問だなんて嘘だった!笑
          • 3章が漢方はもう出るの覚悟してたけど、生薬とマイナーな薬品が多めだった。5章も過去問をあまり頼らない方がいい 3章とつなげて聞いてくる問題が多くなって来た
          • 漢方の問題が多かった。
          • 漢方が多かった
          • 解答用紙などが配布されてから15分くらいの間、集中して覚えたこと振り返ってるのに、試験監督官が何度も何度もマイク持って喋るから集中できず。
          • 初めて受けました。開始後1時間で退出して良い事や、退出したら建物から出なくてはいけない事などは知らなかったので戸惑いました。
          • 顔見て本人確認が午前、午後、と行われたこと
          • 特にありませんでしたが、3章の漢方、生薬の多さには少し驚きました。例年と少し違い、選択肢の中に1?2問入り込んでいるようなケースが多く感じました。
          • 今年の傾向として漢方の問題が多く出るとは予想していたがやはり漢方問題多かった! 午後の試験が難しかった分、午前は比較的易しかった。
          • 午前中の試験は簡単だったが、三章がやや難しかった。
          • ぜんぜんわからんかた
          • 試験会場が寒かった... 試験は生薬、漢方多くて難しかった
          • 過去問に出ていないような問が 多かった印象
          • 1、2、4章が午前中にありました。 出題傾向が高いものに絞った過去問や、医療関係の勉強会で事前対策問題(結構難しく心が折れ、勉強を途中投げ出してしまいました)をやっていたせいか、簡単に感じました。 問題もですが、選択肢もかなり優しかったような・・・。 「これちゃんと勉強してたら受かってただろうな」 と思いながらやっていました(まだ怖くて回答速報の答え合わせはしていません)。 3、5章は出題傾向若干違うような気がします。過去問で見たことがない・または説明ででているだけというものが出題されていました。個人的には漢方は少なかった気がします。ただ漢方の割合のなかで生薬が多かったような感じはあります。 私が受けたクラスでは途中退出の時間になるとぞろぞろみなさん出ていかれたのでもしかしたら簡単と思われるかたが多かったのかもしれません。
          • 生薬出過ぎ!!
          • 3章以外は簡単
          • こんなに簡単なはずがないと深読みし間違えてしまった問題が2?3問あったくらい難易度が低かったです。
          • 冷房直下は非常に寒い
          • 近畿、北海道・東北の今年の問題解いて、90点以上で余裕で挑んどが、第3章で手が止まった。過去問なんかに出てこない単語ばかり。教室の中にため息がチラホラ、手が止まって考えてる人、消しゴム使う人、みんな予想外の問題にビックリなのだろう。 全てを網羅していないと、回答できない問題だった。 こんなに全とっかえした問題なんて、あまりにも意地悪過ぎる。 漢方なども、その項目で出てこないようなものばかり、厳選されてたようで。 来年がんばります。 これからの方は、ここまで意地悪な問題が出るかは、わかりませんが、がんばって下さいね。
          • 過去問しっかりやったつもりたったけど、初見の成分など多々ありましたw
          • 漢方多かった
          • 午後の60問中、漢方・生薬が25問出た!予想外of予想外!
          • 第3章難しすぎる
          • 漢方ばかりだったと思います
          • 漢方が17問と、約半分を占めてました。 あとは、マイナーな薬がありました。知らないよそれー!!!っていうものが......
          • 昨年度から、問題文5題の正誤選択問題が減って、問題文3題の正誤選択問題がずいぶん増えた印象です。問題文3題だと、選択肢から消去法で絞り込むことができないので、3題全文の正誤判定が正確にできないと解答選択肢が導けない。また、問題文自体も全体的に短め(=情報量が少ない)ため、個々の内容・記述をどこまで正確に記憶しているか?が如実に点数に表れる試験になったと感じました。
          • 試験開始まで15分ほど待たされます。 その間周りも無言でとても重苦しいです。
          • 午前簡単、午後ちょいムズくらいでした。成分をとう問題が過去3年で1番多かった気がします。 東京の日大会場でしたが、女性用トイレのキャパが少なすぎて、20分ほど並びました...。外に公衆トイレなどはなく、みんな仕方なく参考書をもって列に並んでました。東京都、考えればわかるでしょ、しっかりして!(笑)
          • 午前中とっても簡単だったのに、3章が難しくて凹んでいます!
          • 基本的なことしか出なかったところが予想外
          • 午前中は簡単すぎて拍子抜けした。 午後(3章)に漢方生薬の問題が多いのと、結構コアな問題ばかりで難しかった。
          • みたことない成分名が割と出た、あと問題の出され方が違った
          • 午前の1,2,4章が簡単だったのでもしやとは思いましたがここまで3章難しくしてくるとは...完全に余裕ムードだったのがどんよりとした空気に全体的になっていたような気がします
          • 弱いところを細かくつつかれた問題があります
          • 問題は60問、全て五択でした。
          • 特になし
          • 1時間経ったら試験会場から出られることを事前周知して欲しかった。 内容は普通。 過去問を徹底的に解いておけばどうって事はない。

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 漢方は体力中程度などを整理した方が良いです。
          • 漢方、生薬は捨てないこと
          • 過去問をしっかりやって、なおかつ生薬や漢方処方製剤を出来るだけたくさん覚えるといいと思います。
          • 外は暑くても、羽織る物を持参してくたさい。1さつ過去問の問題集を購入し、解説を丸写しして、なんども繰り返す方法が近道だと感じました。テストはほぼ過去問からです!
          • ヤマをはらないで、コツコツとまんべんなくやると良いと思います。
          • 漢方は勉強した方がいい。 特徴あるキーワードを覚えるだけで、得点が取れる。
          • 1章で満点!加速をつけましょう?
          • 首都圏の問題は漢方や生薬が年々増えてくる傾向にあるようです。漢方は問題は必須です。
          • わからないものはわからない。 気持ちを切り替えて新しいもんタイに取り組みましょう。 ひっかけ問題も数問ありました。 「あっ、この問題知ってる!」と思って即解答しないで、しっかり問題を読みましょう。
          • 過去問を解いておけば割となんとかなると思います。あと漢方。
          • 色々な角度から問題が出されてもよいくらい勉強しましょう
          • 1か月前からやれば充分いけます。 飽きないで勉強するのが、ちょい大変かな。
          • テキストと過去問を(全国のものと受ける地域のもの)3周やると合格がみえてくると思います。
          • 3章は成分と作用を完璧にしないと足元掬われます...。 しかし、他の章は比較的解きやすいのでそこを完璧にすればカバーをすることは可能かと思います。
          • 過去問だけじゃ厳しいと思います。 テキストの隅々まで読み込まないと難しいかもしれません
          • 試験配点のうち最も高い第3章を優先的に勉強するのが鉄則かと思います。(私もそうしましたが、それでも足りませんでした。)
          • 医薬品成分勉強しておいた方がいい!!!
          • 過去問を解くのはかなり重要ですが...参考書の赤字じゃないとこまでくまなくチェックして覚える必要があると思いました。
          • やはり3章!ぼんやりした記憶では厳しいです。
          • eラーニングをしっかり解けば必ず合格できます!
          • 今年の首都圏ブロックの問題は、3章は過去問があてになりませんでした。
          • 漢方薬は捨ててはダメです。 生薬もやってないとかなりの確率で落ちると思います。
          • 難し過ぎて、参りました??
          • 3章はヤマとか張らずにまんべんなくやったほうがいいですね...
          • 時計は絶対持ってきて。女性の方は会場の冷房が結構効いていて寒いかと思います。
          • 三章を甘くみてはいけない
          • 漢方もしっかり覚えないと!
          • 手引きをきちんと端まで読みましょう。 数年前の過去問にはない傾向でした。
          • 漢方・生薬頑張りましょう
          • テキスト網羅してください
          • 試験前の説明が始まったあとは筆記具以外しまうよう言われ、復習できなかったので、ギリギリまで復習したい人はけっこう前から会場にいた方がいいかもしれません。
          • 私も来年受けることになりそうですが... やはり三章は鬼門です... 徹底的にやって損はない気がする...
          • お時間ある方は隅から隅まで読み込んで覚えるといいと思います!
          • 上着必須
          • 漢方、生薬、疎かにしてはいけません...
          • 多分来年は優しい年かな?。今年は難しかったし 漢方はやっとけ
          • 毎日コツコツ少しずつ勉強しましょう。
          • 時間割の把握あるのみ
          • 漢方の出題数が増えた気が・・・。
          • テキストに載ってることは隅々まで覚える
          • 過去問を解くこと。これに尽きます。
          • 漢方、生薬をきちんと勉強して下さい
          • 羽織るもの持参したほうがいいです!
          • 過去問を解くだけでなく より不覚、細かく理解した方が良い 時間をかけて確実に覚える
          • 勉強したら必ず受かると思います。 最後まで諦めず、寸前までかじりついていると「ここさっき読んだ!」と解ける問題もあると思いますので、諦めないでやることをおすすめします。私を反面教師にしてください(笑)
          • 埼玉県注意
          • 生薬成分、漢方が多め
          • 今年はおそらく合格率がとても良くなると思うので、来年は難易度が上がるかもしれません。
          • 過去問だけではどうにもならないのが漢方です 今年は多かったし消去法でもサービスはなかった
          • 時間をかけて、隅から隅まで、見て覚えると言う事が大事なのかなと思いました。 気が遠く成りそうですが(笑) がんばりましょう!!
          • 漢方の問題が意外と多い
          • 今年受かってるかまだ確認してませんが 漢方はしっかりやるべし。
          • 漢方生薬押さえた方がいい!
          • マイナーな薬も漢方も覚えてください。
          • 地元県の試験が申込み可能期間が5日間しかなく、地元県で申込みそびれ、千葉県で受験しました。なぜ千葉県かと言うと、受験料の支払い方法が現地県に出向く必要がない県が近隣で千葉県だけだったからです。他都道府県は、受験料の支払いが当該県の収入印紙のみでした。複数の都道府県で受験を検討されている方は、申込み期間と併せて申込み方法も調べておくことをお勧めします。
          • 未経験の人でも2ヶ月勉強すれば充分です。 まず3章を1ヶ月くらい重点的に勉強をして、そのあと4章を1週間、残りの章を1週間で勉強をして残りの2週間はひたすら過去問や想定問題を解いていけば自然と頭に入っていきますよ♪
          • トイレは早めに済ませよう。
          • 漢方をすみずみまで理解してないといけないと痛感しました。
          • 利尿作用のある生薬は種類含め内容もしっかり覚えてた方が安心です。 大黄、甘草、麻黄を含まないものはどれかというものが2問ありましたので、覚えておいた方が良いと思います。
          • 過去問を繰り返し解くこと、 漢方生薬を捨てないことですね(笑)
          • 幅広く見るしかない
          • 首都圏を受けるなら漢方、生薬はしっかりやっておかないと足元を掬われる危険性が高いです
          • 時間かけてやりましょう。1ヶ月では無理でした。
          • いかに問題をやりこんで、不得意分野を潰し込み、得意分野を伸ばせるかだと思います。

→「試験にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


北陸・東海ブロック

富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

難易度(全体)

北陸・東海ブロック

これは予想外だった!

          • おトイレが、故障中で入れず、他のおトイレにいったら女子トイレはすごく並んでました!早めに行っておいた方が良いです!
          • 1章と3章は比較的簡単だったかと。 2章も過去問程は難しくなかった。 ただ、4章と5章が、簡単そうだけど、問題が一部抜粋されてるので、全体をふわりと覚えてるだけだと、全く分からなかった。過去問とは問題の傾向が全然違った気がします。 あと、『正解はいくつあるか』という、選択問題では無い問題がいくつかあって、驚きました。 設備では、机が狭くて驚きました。 上下の幅が狭くて、問題用紙を広げると、答えの用紙は何処に置けば??でしたし、机に傾斜がかかっていて、予備のシャーペンが転がりそうでした(-。-; 前半は意外と早く終わって、終了10分前になると退出不可なので、その前に退出しましたが・・・最後まで居た方は、解答用紙を回収し終わるまで動けず、5分ほど余計に拘束されていました。 あと、前半後半とも、試験開始20分前から、注意事項等の連絡事項があるので着席させられます。途中の休憩は45分あっても実質20分程しか無くて、ご飯食べる時間はあまり無いかも・・と思いました。 空調も、私の足元に直撃していて、後半は寒くて、羽織っていました。
          • テキストに書かれてある事を、ただ暗記するではなく内容を理解しないと解けない。 前半と後半の間の時間は空き教室が開放されてるといったことがないので、屋内や屋外で地べたに座って昼食をとる人が多い。
          • 過去問を何度も解いていたのですが、今回出題された問題は全くと言っていいほど傾向がちがいました。
          • この中にいくつ正解があるか、の出題が昨年は3章だけだったのに、今年は3章以外で出てきた 改定されたところがほぼ出てなかった
          • ルール-鉛筆でなくシャープOK 設備-トイレ少ない、寒い
          • 富山産業展示館にて受験しました! 周辺や会場がすごく混雑すると思っていたのですが、行きは11時頃に車で到着、スムーズでした。 産業展示館内、会場は多少空調が効いていましたが、長袖で少し暑かったです。会場外の館内は暑かったので、途中退出時は少し車に戻りました。 休憩の時間は会場に戻り席でテキストなど見ていましたが、喋り声が気になりました。 騒いでるという程ではないですが、試験と関係のない内容をずーっと喋ってる方が近くにいて、休憩中といえど、会場内は私語を控えるなど注意があったらいいなと思いました。
          • 5章が難しかった
          • 3章簡単 他は普通
          • 5章が難しかったです。引っ掛け問題はなかったように思いますが、しっかり問題を読むことが大事だと思いました。
          • 前半はもったより、さくさく解け簡単なかんじでした! 後半はものすごく難しかったです! しっかりよんでも、難しい問題が多かったです。
          • 問題用紙を持って帰っても良いが、 前半は、途中退出した場合席に置いておかなければならない。 後半が始まる前に鞄の中にしまう。
          • 大幅に改訂された4章と、"問いの中で正解はいくつある?"が難しかったです。
          • 前半の3章に警戒していたのですが、まさかの後半の4.5章の方がペンが止まることが多かったです。医薬品の使用に関して医師に相談する事等の問題で成分ごとに突っ込んだ部分まで問われるような設問がちらほら見られ、少しやりにくかったです。
          • 過去問からの出題が少なかった気がします、あと漢方多めの、この中で正解はいくつある?などの問題も
          • 1章、3章は普通か少し易しかったのではないでしょうか。 2章は細かい所を問われ、4章は今まで頻出ではない所を問われ、5章は3章のような成分を問われる問題が多く、昨年までの問題と傾向が違うように感じ、難しかったです。
          • まんべんなく出題されたと思います。トイレ少ない。タクシー来なくて帰るの大変。バスはめちゃ混み。
          • 後半の問題で初めて見るような問題が多かったように感じます
          • 途中退場の場合、前半の試験問題は持ち出し禁止になりました。 その代わり、解答用紙に受験番号・カタカナの氏名が印刷されてありました。それに今年はエアコンが効いていて私には最適でした。
          • やっぱり漢方は一通り覚えておくべきでした。
          • 前半(1,3章)はあまり難しくなかったが、後半(2,4,5章)が割と難しく後半でかなり点を落としてしまった。
          • 三章35問目(午前問55) ビタミンの知識だけでなく、配合目的の疾患についても知らなければならなかった問題でした。 難しかったです。
          • 特になし
          • 過去の問題より変な問題が出てた気がします。 そこを出題する、みたいな問題が多かった気がします。
          • 過去問からほとんど出なかった
          • 空調ききすぎて寒かった
          • 4章、5章が難しかった。過去問で得点がとれやすかった5章で、迷う問題が多くて試験中に焦った。
          • 交通の便が悪すぎる。 女子トイレが少なく行列でした
          • 過去問が当てにならなかった。予想を大幅に裏切られ、5章が相当難しく感じられた。文章がわかりにくく まさか、最後の最後(5章)で悩まされるとは思わなかった。
          • 過去問が当てにならなかった。予想を大幅に裏切られ、5章が相当難しく感じられた。文章がわかりにくく まさか、最後の最後(5章)で悩まされるとは思わなかった。
          • 4,5章が難しく 3章は比較的簡単でした。
          • 会場内が冷えすぎて寒かったです。後半の退場ルールを勘違いして、最後まで残っていました
          • 全体的に難易度が上がっていた。 3章は簡単だった。
          • 5章が過去問で出題されていないものが多く、難しく感じました。2018年3月改訂箇所の出題もありませんでした。
          • 全体的に実践に役立つ問題が多いようなきがしました。素直な問題が多く比較的解きやすかったと思います。3章は漢方や生薬の問題が予想以上に少なかったです。その代わり5章では、成分を理解していないとと解き難い問題が多かったように思います。
          • 穴埋め問題や単語を当てはめる問題で、普段問われないような部分を空白にされてそこを問う?!と思い痛いところを突かれました。
          • 後半、予想外の出題の仕方ばかり! 細かすぎるし、意地悪!
          • 前半の試験をフルタイムで受けると後半の試験開始までの休憩時間が20分しかなかったのが予想外&予定外でした。
          • 四章五章で思ったより取れなかった 特に五章
          • 4,5章が難しかった
          • 3章が意外にも簡単で、後半が全体的にややこしかった
          • ・「正しいものはいくつあるか」という問題形式が増えた。
          • 4章5章が思ったよりとれなかった。
          • 過去問がほとんど役に立たなかった。年々難しくなっていると思います。
          • 問題の理解に苦しんだ。
          • マイナーな成分名がけっこう出てきた
          • 過去問で出てた問題も結構ありました。
          • 過去問が役に立たなかった。
          • 5章が難しかった、あとはふつう
          • 筆箱しまうのがびっくりした! 予想外の問題と細かい問題が多かったです!
          • 女子トイレの故障
          • 消去法が使えない 他県では、見たことのない単語が出ている
          • 各章毎の間にトイレ休憩があるかと思ったら、無くて焦った
          • 2章、4章、5章が特に難しかったです。
          • 特になし
          • 前半がかなり得点をとりやすかったが 後半は難易度たかめ。 前半でかせいでも下手すると後半 足切りにひっかかりそうだった。
          • 後半の説明などがあり、中休憩の時間が意外と短くて予想外でした。女性トイレは混むのでお早めに。
          • 午前中は今年の近畿より簡単だったが、1章に「このなかに正解がいくつあるか」の問題があった。漢方、生薬は少なめだった。 午後の2章は「これテキストにあった?」「これ過去問になかったな...」と感じる問題が多く難しく感じた。
          • 過去問題の傾向と違います!
          • 机がボロかった
          • 4章、5章が難しく感じました。 正解の数を問う問題が引き続き出題されている。
          • 午後は陥没
          • 5章がほぼ3章のような問題だった。 過去問や他県と全く違いました。 漢方より薬品名がかなり多く出た。 「心臓病の人は注意しないといけないのは?」といったような問題ばかりでした。
          • 途中退室の時問題用紙を置いて行かなくてはならない

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 見直ししすぎで、正解だったのに、書き直して不正解に。見直しはほどほどが良いかもしれません。
          • 参考書なりテキストなり一通り理解してから過去問を解くようにしないと、過去問題の正誤だけ覚えてしまい、派生問題が解けないので注意。
          • もっともっと深い知識を要します
          • 補足や脚注まで一通り読んだほうが良さそう
          • 帰りに静岡駅まで臨時バスがある。190円トイレが混んでいるときは、隣のイトーヨーカ堂で借りる。
          • 今年初めて受験しましたが、富山県の受験おすすめします! もっとややこしい問題が出ると予想していただけに、意外と「やったところが出た!」という印象です。テキストは通信講座です。 私は勉強時間が少なく過去問はほぼやらずに挑戦してしまいましたが、テキストをしっかり理解し、最後に重要ポイントをチェックという勉強方法で、プラス過去問ができれば合格ライン狙えると思います。
          • 過去問をたくさん解くこと、過去問にとらわれすぎないこと
          • 3章を安定させれば行けます
          • 羽織れるような上着が1枚あるといいと思います。
          • 私も多分、もう一度うけますが、初めて勉強した、私でも頑張れば合格ギリギリまでいけました!最後まで諦めずに勉強を地道に続けることで、はじめはチンプンカンプンだったものも試験前には理解ができるようになりますよ! 受かりたいとゆー気持ちと、努力の積み重ねできっと、合格はできます!!
          • 近年の過去問題から重複した問題が出ています。必ず昨年度の過去問題はやってみること。
          • 来年改訂された箇所があれば高確率でそれを問題にしてくると思うので重点的に覚えた方がいいと思います。
          • 今年は問題作成の手引きの改定があり、ちょっと警戒しましたが基本的には昨年までの過去問から大きく逸脱するような設問はなかったです。なので、とにかく過去問を数多く繰り返し解いて習得しておけば合格ラインの点数は余裕を持って獲得出来ると思います!
          • それでも過去問を最低3年遡って繰り返しやるのが1番の気がします
          • 年々難しくなっている気がします。頑張って勉強するのは早い方がいいと感じます。
          • 落ち着いて頑張って下さい。
          • そんなに頑張らなくても大丈夫です
          • 本一冊分を、まるまる暗記しないと難しいです。 本の赤文字殆んど出なかったような気がします。 何度も何度も読んで下さい。
          • 過去問をがっつりやること。
          • 見直しは大切です。一度見直しが終わっても、時間が余ったならもう一度考えてみたほうがいいと思います。時間が余って退席した方々は、全員満点が取れたのでしょうか。 ぜひ途中退席した方々の満点率を知りたいです! 一年に一度。時間を無駄にしないようにしてほしいです。
          • 過去問しっかり何年分か解いた方がいいです
          • 過去の問題もやることは重要ですが、 隅々まで勉強した方が言いかと思われます。 来年試験を受ける方は頑張って下さい!
          • 過去問中心は通用しなくなってきている
          • あきらめないで
          • 過去問になかった問題や、マイナーな薬品名が出ることもあるので、高得点を目指したいのであれば参考書の隅々まで勉強する必要があると思う。ギリギリでも合格すればよいのなら、過去問+参考書の重要な所(赤字)を覚えておけば十分だと思う。
          • 今回5章が激難でした。どの章も手を抜かない勉強が大切です。
          • 全国の過去問を3年分はやったけど 今年は唸らされました。近畿なら分かるが、まさかの北陸までもが難しくなってます。油断は禁物。とりあえず、過去問をしっかりやりましょう!
          • 全国の過去問を3年分はやったけど 今年は唸らされました。近畿なら分かるが、まさかの北陸までもが難しくなってます。油断は禁物。とりあえず、過去問をしっかりやりましょう!
          • 3章を重点的に勉強しがちだとおもいますが、4,5章も過去問だけではなくテキストもしっかり読んだ方がいいかとおもわれます
          • 空調がききすぎて寒いくらいでした。 公共交通機関で来場するように、とのことでしたが、道路が混雑していたので、時間に余裕を持って、行った方が安心だと思います。
          • たくさん過去問題をした方がいいと思います
          • 過去問は全国全て復習しましたが、絶対というものはないので、あまり苦手で覚えられない問題に固執することはないと思います
          • 3章が範囲が多くて比重を置きがちですが今回の感じだと4章5章もそこそこひっかけてきます! 細かいところしっかり読んだ方が良いです!
          • 過去問は解くに越したことはありませんが、それ以外も満遍なく学習すべきかと思います!
          • 参考書1冊だけでは書いてないことが問題として出るので難しいと思います。あと、赤文字太文字以外のなんでもないような文章も多く出題されるので直前の見直しは部分勉強よりも丁寧な読み直しが効果的だと思います。
          • 分厚いテキストを読み込んで、言い回しが変わっても理解できるぐらいにしておかないと。
          • 静岡は合格率の高さに定評がありますが問題が予想以上に難しく真面目に勉強していかないと一筋縄では行かない印象を受けました。 過去問と比較しても難易度が上がっている気がします。
          • 五章は範囲が広いわけではないですが出題形式が多く安定して点数を取れない印象なので三章を重点的にやっといた方がいいです
          • 3章中心に早めに勉強するように
          • 文章の解読力も大切かなと思います。落ち着いてしっかり問題を読んで理解する事で、つまづいた箇所も消去法で答えられたりします。満点は取らせないように作られているとネットで見かけましたが、その通りかな...と。満点は取れないと思った方が、私は気が楽でした!
          • ・割と細かい所まで問われるので注意。 ・過去問は幅広く取り組んで、様々な問題形式に慣れておいた方が良い。
          • 苦手の章ができないように、まんべんなく勉強してください!
          • 過去問に頼らず、細かい所も勉強するべきかと思います。
          • 三章五章は特に真剣に
          • 医薬品と人体についてはやはり念入りに勉強した方が良いと思いました
          • テキストを隅々まで覚えること
          • 頑張ってください∩^ω^∩
          • 途中退出者も多いけど、気にしないこと。 午前は一通り解けたら、諦めて午後に備えること。
          • 教科書を読んで
          • 近隣にお昼を食べる施設が無く、事前に購入していかれることをお勧めします
          • 2章が難しかったが、3章をしっかり理解できていれば問題ない。やっぱり2、3章を中心に勉強したほうがよいと思う。
          • テキストの赤マーカー以外もかなりねらわれるのでテキスト1冊隅々まで読み込むほうがいい
          • 引っ掛けや読解力が必要な問題が多いので色々な過去問を解いたり、薬害訴訟などもかなり掘り下げて覚えた方がいいと思います。
          • 過去問で基礎体力をつけ、テキストを隅から隅まで見て、改訂を調べあげなければ難しい。特に東海ブロックは「このなかに正解はいくつか」の問題を1、4、5章に仕掛けてくるので消去法が出来ない。
          • 全国の過去問題をしっかりと網羅しましょう。
          • 正解の数を問う問題は、消去法が使えないので、教本等でしっかり知識を入れるほかないと思います。
          • しっかりやれば取れるはず! 年々難しくなってるような、、、
          • 3章を全て暗記する勢いでやった方がいいとおもいます。

→「試験にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


近畿ブロック

福井県・滋賀県・京都府・兵庫県・和歌山県

難易度(全体)

近畿ブロック

これは予想外だった!

          • 漢方や生薬問題が
          • 3章が難しくなっていた。漢方薬の出題が大きく増えた。
          • 市販のテキスト等も含め、太字になっている部分が年々出てない気がする。極論を言えば試験作成者の悪意を感じる。
          • マークシート方式でない。 女子トイレすごく混む。 コンビニが遠い。
          • 第三章は漢方、生薬が多くて焦りました。
          • 難易度は例年どおり 選択肢にひねりが入っていた。過去問では消去法で選べるものが多かったが、迷う2択が最後まで選べないような良問も何問かあった。 受験者数が多いからか、試験の対応がとてもきっちりしていた。 人数体制もしっかりしていた。
          • トイレに行けない
          • 3章に漢方生薬の設問が多く苦戦しました。2,4章もテキスト赤文字暗記や過去問だけでは網羅しきれない内容だったと思います。 一方で1,5章は赤文字さえ抑えていれば優しい内容でした。
          • マークシートではなかった!午後の部では退出する人たちのドアの開閉や椅子をたたむ音などが相当にうるさくて集中が途切れました。
          • 見たことない問題がたくさんあった!!
          • 漢方 生薬の問題多かったです 3章 の難しさには 驚きでした
          • 生薬、漢方、聞いたことない薬いっぱい出ました
          • 3章がかなり難しくなっていたと感じました。漢方薬や生薬の問題が多く、さらに引っ掛け問題が多かったので、過去問ではしっかり解けていた3章が今回はボロボロにされました。
          • 3章が 漢方 生薬の問題が多く また、過去問には無かった問題が多く苦戦しました。2章、4章も引っ掛けも多く難しかったです。それでも採点してみると合格圏には入っていたので 基本 過去問を何回も解いていたことが 良かったと思います。
          • 風通しがよく、夏ですが人によってはカーディガンが必要かもしれません
          • 漢方、生薬かなり多かった
          • 問題の出し方が予想外
          • 今振り返ってみると、細かいところまで勉強し、全国の過去問を解いてなかったら危なかったかもしれません。 過去に出題されてない問題もあり。 難易度上がっていると思います。
          • 3章の難易度がやや高く、普段よりも失点してしまった。 問題文がイヤラシイ。 細かい部分まで問うてくる。
          • 3章が漢方めっちゃ出題数多い! 過去問で出るような所はほぼ出てない気がします! あとは改訂されたところがガッツリほぼ全部出てきたと思います
          • 二章が難しい。 テキストしっかり読まないときつかったと思う。
          • 結構マイナーな問題がでていた。 試験会場では、試験中でもマイクで お知らせのアナウンスをされ結構気が散った。 漢方生薬が多くてビックリしました
          • 午後からの試験がむずかしかった。
          • 漢方や生薬が増えるだろうなぁと予測してたら、予想以上に問題出てました。 漢方でいうと、「体力虚弱」などのところだけを入れ替えていたり.........そういった細かい部分の入れ替えがありました。 全体的に問題文の細かいところにひっかけが多かったです。
          • 特になし
          • 生薬と漢方が多かったこと。過去問からの出題が少ない。消去法があまり使えない。例年より難しい。
          • 思ってた以上に漢方、生薬が出たこと。 4章も今まで過去問で出たことないような問いかけもあり、 試験中は驚きの連続でした。
          • 3章が予想以上に難しかった。 2章も今までにないような問題があった。 4章 5章は比較的簡単だった。
          • 滋賀県は試験場のトイレが少なく10分から20分ほど待たされた。
          • 漢方オンパレード 消去法役に立たない。
          • 過去問と比べると簡単だったかもしれませんが、改定部分が追加されてたので(しかも割と難しかった)ふつうにしました ルールについて 10時から試験だったので15分くらいまで復習できるかと思ってたのですが、 (9時半には着席してくださいとは受験票に書いてた) 9時半にはもう参考書などをしまわないといけなかった 施設について 女子トイレは激混みなので空いてる時に言っておいた方がいいです
          • 第3章の内容に見たことのない問題が多かった。 早く終わって退出すると、問題が持ち出さない。 問題用紙が欲しい場合は試験終了後の15時に再度取りに行かないといけない。 来年からの試験は関西広域連合会?が運営するそうです。
          • 漢方多い
          • 全然傾向が違う問題が出たり難易度がなかなか高かった。教科書で調べても載ってない成分が出てた。
          • 第3章がさっぱりでした。
          • シャーペン使ってもいいというとこ
          • 漢方が多かった! 引っ掛け問題もいつもより多めだった。
          • 消去法を無効化する少し問題が増えた気がします。 なのでより一段と、内容を多く覚えていく必要があるかと。 特に3章は漢方や生薬の問題も多かったので、厳しめでした。 4章も新しく手引きに追加された問題が3つほどありました。
          • 漢方の問題が予想以上に多かった 漢方でない医薬品に配合される漢方成分もたくさん出題された
          • 漢方・生薬系の連発、過去問にはない新たな問題の登場など、試験中足切りを意識させられた。
          • 滋賀県受験しました。女子トイレが混み過ぎでした。。それはいいとして漢方が例年より増えていてかなり戸惑いました。人生最初で最後の受験にしよう、と思っていたのでなんとか合格点取れてそうでよかったです。
          • 過去問にない問題がたくさんでました
          • 例年に比べ漢方の出題が多く、難易度が上がっているように感じた。 また減感作療法など、重箱の隅をつつくような出題も見られた。
          • 漢方多い
          • 漢方と生薬がとっても多く感じました!
          • 漢方出すぎ!!!怒
          • 5択だったこと
          • 漢方が多くて辛かった ジヒドロゴデインなどの改定が変わった問題もでた 三章以外は基本的な内容が多かった
          • 頻出でない漢方が多く問題に出題された
          • 鉛筆削りは机の上に置くのは禁止 試験会場の部屋は冷房がかなり効いていて寒い マークシートではなく選択した数字を記入
          • これまでの試験と違い漢方、生薬系の問題が多数見受けられました
          • 1章は簡単 3章はマイナーな問題が出てきた気がする
          • マークシートじゃなかった
          • 3章漢方多かった
          • 特になし
          • 漢方が多い
          • 漢方薬がいっぱい 所謂「頻出」があまりアテにならなかった気がする
          • 一章 簡単 三章 成分が多く出て辛かった あるていど絞り込めても最後の2択で迷う
          • マークシート方式では無かった
          • とにかくケアレスミスのような問題の訂正が多かったです。 内容は過去問のような難易度だったのではないかと思います。
          • 漢方薬関係が多い

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 近畿だけではなく、全国の過去問を一通り解いて理解する勉強が必要です。漢方薬は他地域で出題されているものがひょっこりでてきますので、十分に復習してください。
          • 自力で勉強して受かるにはテキスト1冊全部頭に入れないといけないのではという位、年々難しくなってきています。可能であれば、数箇所申し込んでおくのもありかなとは思います。
          • 重箱の隅をつつく問題が多少見られましたが、基本的なところを抑えておけば7割は十分に取れると思います。
          • 来年からは兵庫県ではなく別の団体が作成するようなので、傾向がガラっと変わるかも ご飯を持っていかないと近くにコンビニはない。(会場が同じなら)
          • 漢方も意外と出たので捨てずにしっかり勉強しといた方がいいです
          • 計画的に進めれば1ヶ月前からでも合格は可能だと思います。誘惑に負けず頑張ってください!声に出してボーッと読むだけでも、意外と知らぬ間に口と耳が覚えていますよ!
          • 特に女子トイレの混み方が尋常ではないので試験会場の見取り図など把握して休憩時間を無駄にしないようにした方がいいと思います。
          • 漢方 生薬 確実に覚える 三章以外は完璧に点を取るぐらいにしておかないと 合格は難しいです
          • 全国の過去問の勉強もした方がいいです
          • テキストや問題集は隅から隅までしっかり覚えないといけないと感じました。 過去問の点数が良いからと安心してると痛い目にあうと思います。 実際自分は痛い目に会いました......
          • 勉強は基本過去問を中心に何回も問題を解いた方が良いと思います。過去問を解く回数が多ければ多いほど 正解率が増えてくると思います。
          • 漢方をしっかりと!
          • 2章、3章が難解かもしれません。一週間前に確認しておいた方がいいでしょう
          • 全国の過去問を解くことをおすすめします。頑張ってください。
          • 漢方・生薬は捨てずに、しっかり取り組んだ方が良い。 改訂箇所も確実に出題される。
          • 今までの過去問は当てになりません! 年々難しくなってる!
          • 過去問を回しながら、テキストを精読しましょう。
          • 年々難しくなっていると思うので しっかり勉強した方がいいと思います。
          • 過去問は全国のを満遍なく、テキストも端から端まで読み尽くさないと厳しいかもしれません。年々難しくなっているように思えます。
          • 引っ掛け問題多発!一字一句に集中しないと、やられる!
          • 過去問説くことはとても大切ですが、過去問説くだけではフォローできないことが多いです。 手引きの細かいところを突っ込んできたり、問題文内の一部の単語を入れ替えたり、うっかり読み飛ばして見落としてしまいそうな問題が出てました。
          • 漢方は捨てたらあかん
          • 過去問だけではなくテキストや参考書も隅々まで見ることをオススメ致します。
          • 漢方、生薬はもちろんですが、 そのエリアの過去問だけではなく 全国の過去問を平均して やっておいたほうがいいです!! 試験作ってる人が変わったら 問題の出し方も、 全く変わってきますので!!
          • 漢方が多くでたと思います。 基本的なことで流し読みしてしまうようなことが問われる問題が多かったので気をつけてください
          • 過去問中心ではなく、テキストを隅々まで理解する必要がある。
          • とにかく過去問が大事だなと思いました。 最低でも2年前地域の過去問はやった方がいい ココデルの過去問は章ごとに分かれてるので苦手部分を重点的に出来て便利でした。
          • 漢方は必須です。
          • 漢方頑張って
          • 変なやまはたてずにしっかり勉強すること
          • がんばってください!
          • 僕はもうひたすら過去問をやりました。 それも全国分、年数とかおかまいなしに。 しかし今回の試験ではそれだけでも対応しきれない問題があったので、やはり過去問+テキストの細かいところをくまなく確認するのが大事になると思います。 ただ、早めに準備しておけば十分合格ラインにはいけるとも感じました。
          • 覚えるのは大変ですが、漢方はやっておくとかなり安心します。
          • 傾向が変わる年に当たる可能性を考えてケアレスミスを無くす事が大切です。
          • 漢方生薬は捨ててはいけない。1章5章は満点取ろう。
          • 頑張ってください
          • クーラーで寒かったので 羽織るものが必要です。
          • 予測不可能です。数をこなして、解いたことある問題は絶対忘れないようにしないと無理です
          • 漢方・生薬を捨てる方が多いかと思いますが、全国的に出題増加傾向にある為、可能な範囲で対策をすべきだと思います。
          • しっかり勉強しといた方が良いと思います!
          • 漢方多い
          • 漢方頑張ろ...
          • 肌寒いので羽織るものを忘れずにー
          • 過去問だけではなく幅広く覚えておく必要があるみたいです
          • 勉強あるのみ??
          • 3章はみっちりやったほうが確実
          • 漢方の問題が多かったです
          • 基本的に傾向は変わらないので過去問の復習を頑張って行ってください!

★「試験前、試験後にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


大阪府

大阪府

難易度(全体)

ank_osaka2.png

これは予想外だった!

          • マークシートが縦だったこと。 4人に1人が欠席だったこと。
          • 設備でカランカランピーピーと変な音がずっと鳴っていました。
          • 今年変更になった項目は必ず出題されるだろうと思い、ある程度時間をかけたのですがほとんど出題されておらず拍子抜けしました。 午後の試験はけっこうひっかけ問題が多いかな?と感じました。
          • 点が取れそうと思っていた2・4・5章が意外と難しかった
          • 寒かった室 答案の73が足りない
          • 予想外だったこと ①マークシート用紙... 問題が1?20 20?40と横並びで マークする番号が縦並びだった事。初めて見る形だったので戸惑いました。(問題が縦並び マークする番号が横並びに慣れていました) ②受けたセミナーで2章3章が難しいので 1章4章5章で点数を稼ぐように!と言われていました。しかし 4章が難しく3章が簡単だった事。
          • 監督員さんの説明が20分かけてあり、テスト始まるまですごく長く感じました。 答案用紙配られて、名前と受験番号。 問題用紙配られて、受験番号記入。 これを10分ほどかけてする感じ。 待ってる時間ずっと緊張する。 あと、女性はトイレ! 外に仮設トイレもありましたが、10時着席のところ9時半ごろに試験会場着いた時点で、花火大会並みにトイレが混雑してました(笑)女性トイレは多く設置されてますが、やはり緊張からか、トイレ行く人増えるのかも。
          • 午後の問題で、今まで初めてみるもんだいがありあせりました。緊張したせいか、普段より、点数とれなかった。
          • 第3章が比較的簡単でしたが2章が難しく感じた。
          • 私が試験を受けた教室は小さくてビックリ!
          • 自分の持ってる参考書には載っていない事が沢山出題された...
          • 午前中は楽勝だったが、バランスを考えているのか午後は過去の問題より難しかった。
          • 試験30分前に座らされて説明されました。
          • 教室が寒すぎた
          • 漢方に関する出題が少なかった気がします。 過去問をしっかり解いていれば、問題なく解き進められた印象でした。
          • 携帯なってた人がいたのに失格にならなかったのと、目覚まし時計持って来てた人がいた??
          • 本に載っていない問題が多数 言葉の表現が乏し過ぎて何を問われてるかがわからない 医療品に携わっていなければ解らない問題が多い。去年、一昨年の過去問と流れが全く違う
          • 会場の大学が、思ってた以上に駅から遠くてギリギリでした。もっと時間に余裕持って行くべきでした。
          • お客様とのやり取り問題
          • 会場までの道のりが長くて体力使いました。
          • 問題自体は、ポイントを押さえそれなりに勉強をこなしてさえいれば、十分合格ラインに持っていけると感じました。 ただ、県を跨ぐ人には場所がどうしても遠くなるので、そこはちょっとしんどかったです。 あまり改正部分が出なかったみたいで、そこは読みと外れてしまいました。来年はさすがに出るかなあ。
          • トイレが少ない!
          • 午前中簡単すぎ!午後がちょうど
          • 試験会場の桃山学院大学まで、駅から歩くのですが遠かったです。
          • 午後の部が難しくて撃沈しました。
          • 午前と午後の試験に難易度に差を感じました。午前は過去問をしてきた感触から、ずいぶん簡単な印象でした。漢方もさほど難しくなかったです。 午後は悩みました。 速報で答え合わせをするまで、不安でした。 はっきり言って、去年までの傾向と変わっていました。 あと、教室は寒かったです。 とても時間いっぱい居ることは出来ませんでした。
          • 頻出頻度少ない、過去問にもあんまり出てきてない問題が多かった気がする 引掛けの仕方も思いっきりでなくて凄い分かりづらい引掛け(そうとも言えるから誤かなと思うけどでもこうともいえるから正かな とか意味が広い)が多くて結構迷いました たぶん午後で心折れた人が多いと思う 二章ほんま難しかった...!
          • 試験の内容は二章の引っ掛けが多かったです。 三章は前年よりも簡単だと感じました。
          • 大阪は例年通り 1.2.3 正誤正 誤誤正 の2.3が分かっていてもやはり1まで分からないと解けない問題が多かった印象やね
          • 試験の内容は、第二章が難しかったです
          • 天候がよく、雰囲気よ良い庭のベンチでリラックスできました
          • 空調うるさ過ぎ

来年試験を受ける方へアドバイス!

          • 薬事日報社の試験対策問題集はやるべき! 同じ問題がでました。
          • 山をはる、ここはすてるでは、無理です、、、。
          • ユーキャンの通信教育で8ヶ月勉強しましたが、意外と理解できなくて途中から過去問題の本やテキストをみて勉強したらそっちの方が理解できました。 勉強方法としては、まずテキストをひと通り読んでから過去問題を解き間違えたところを再度テキストで勉強する、もう一度過去問題を解くということを繰り返すといつのまにか頭に入ってるという感じです。 今年の試験は記入間違いがなければ合格圏内ですが、合格してなければまた同様の学習方法で勉強して来年受験しようと思ってます。
          • 全章しっかり勉強
          • 本が理解する事
          • マークシート用紙には 縦バージョン横バージョンが存在すると知っておいてください。知らないと焦ります。笑
          • やっぱり、過去問が一番良いかなと思います。問題慣れすると、引っ掛け問題にも強くなります!引っ掛け方がどこも似たような物なので、「くるぞ、くるぞ」って構えて読めます(笑)
          • 緊張しないで、普段通り実力はっきできるようにと、問題をときまくる。
          • 会場は少し肌寒い、長袖を着て行くべきです。
          • 来年から試験が全国統一という噂が! 難しくなりそう
          • 難問はなく、普通に勉強していえば大丈夫。
          • 過去問も大事ですが、特に1,4,5章は一問一答を時間がある時にするとその場で答え合わせできるし、頭にはいりやすいです。
          • テスト前日はしっかり寝て、体調整えて頑張ってください!
          • 繰り返し勉強していたら合格点取れると思います
          • 大阪府だけで無くて他県の試験も 受けるべきです。
          • とにかくしっかり覚えましょう。
          • 当たり前のことですが、マークシート方式なので1問ずつちゃんとマークしないとずれてしまいます。あとから解くならちゃんとチェックしましょう
          • 油断大敵、この一言です。せめて試験が終わる30分くらい前まで、見直し確認徹底することが大事だと思います。
          • 来年度から大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、徳島県は関西広域連合による試験になるので、問題の傾向が大幅に変わる可能性もあると思います。 できる限り、広範囲に取り組んで、一個でも多く知識を身につける努力がいるかもしれません。
          • 水分は控えめに!
          • 午後は難易度的には少し難しかった?引っかけ問題が多かったように思いますが午前は過去問で安定した点が取れなかった3章が、私でもすらすら解けました。 何はともあれ、本腰入れて勉強し出したのは試験1ヶ月前の私でも100点越えできたので、皆さん頑張って下さい!
          • ひっかけ問題や言い回しが難しいのが多かったです。 しっかり問題を読み解く力が必要かと思いました。
          • 傾向は変わっていたとはいえ、やはり問題を量こなすのが一番だと思います。 そして、直前までテキストなど見直して諦めないこと。 直前に見て正解した問題もありました。 気分の乗るときも、受験するもやめようかと思うときもありましたが、続けていると在るときふっと楽になって、急に頭に入ってくるようになりました。 諦めず最後までやると、結果はついてくるように思います。 来年受験される方、頑張って下さいね!!
          • 今年の過去問はすごく勉強になると思うので今年のを満点取れるくらい頑張ればすごい力になると思います
          • 過去問しっかりやれば取れる資格! 頑張って!!
          • 薬は漢方が結構出るので、気をつけてください
          • スマホの電源は切った方がいいですよ。 試験中に着信音がなった方の所に、試験官が集まり とても目立ってました。頭もきっと真っ白になりそう...
          • 過去問解いとけ

→「試験にひと言」はこちら

→「解答速報」はこちら(試験問題掲載中)

↑TOPへもどる


[試験対策講座]

[過去問]

[関連記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加