2017年登録販売者試験傾向と対策 合格率と難易度からのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の試験データをもとにブロック別の傾向と対策を徹底分析!

2016年度版合格率

[試験対策講座]

[登録販売者試験 都道府県別まとめ]

まとめ


▼DVDの講義内容はyoutubeにて一部公開
登録販売者ポータルチャネルはこちら


★ブロック別の合格率と難易度 出題傾向と対策★

  1. 北海道・東北ブロックへ
    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
  2. 関東・甲信越ブロックへ
    茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県
  3. 首都圏ブロックへ
    東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
  4. 北陸・東海ブロックへ
    富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
  5. 近畿ブロックへ
    京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・福井県
  6. 奈良県へ
    奈良県
  7. 大阪府へ
    大阪府
  8. 中国ブロックへ
    鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
  9. 四国ブロックへ
    香川県・愛媛県・徳島県・高知県
  10. 九州・沖縄ブロックへ
    福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

北海道・東北ブロック(難易度:★★★)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

傾向と対策

相変わらず文章は読みにくいが、内容は難しくない。「解答なし」の問題があった。

直近3年の合格率

直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 基本的な問題だった。

第2章  基本的で素直な問題だった。

第3章  引っかけ問題が多い。

第4章 ★★☆ 設問の記述がわかりにくいものが見受けられた。

第5章 ★★ 問題文や記述の読み取りが難解な表記が多い。

必勝ポイント

基本を押さえておけば7割近くは得点できる!

↑TOPへもどる


関東・甲信越ブロック(難易度:★★★)

茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県

傾向と対策

難易度は例年ほど高くないが、出題傾向は毎年変化し、合格率は毎年低下。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 基本的な問題で構成されている。

第2章 ★★☆ 基本的な問題で構成されており、知っておくべき基礎知識を問う、良い問題となっている。

第3章 ★★☆ 漢方に関する問題が多く、難易度を上げている。

第4章 ★☆☆ 基本的で、細部を問うような問題や引っかけなどもなく、第4章としてはやさしいほう。

第5章 ★★☆ 成分に対する「使用上の注意」に関する出題が非常に多かった。

必勝ポイント

第3章の内容を漢方までしっかり覚えておきたい。

↑TOPへもどる


首都圏ブロック(難易度:★★★★★)

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

傾向と対策

東京と神奈川、千葉、埼玉は2015年から同一問題での開催となっている。重箱のスミをつつく必要はないが、難易度が高い良問が多いため、しっかりとした学習が求められる。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ 基本的な問題だった。

第2章 ★★☆ 実際に勘違いしそうな内容が出題されるなど、よく考えて作られた問題という印象を受ける。

第3章 ★★★ 漢方に関する問題が非常に多く、難易度を上げている。

第4章 ★★☆ 基本的な問題で構成されていた。

第5章 ★★☆ 基本的なものながら、実際に店頭で注意が必要な成分がとりあげられていた。

必勝ポイント

基本を押さえ、そこから幅広く知識を深めたい。

↑TOPへもどる


北陸・東海ブロック(難易度:★★★)

富山県・石川県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

傾向と対策

他ブロックの頻出問題が比較的解きやすい形式で出題された。過去問をたくさん解くことが有効だと考えられる。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 基本的な問題だった。

第2章 ★☆☆ 消去法が使える問題が多く、解きやすい。

第3章 ★★☆ 成分に対する「使用上の注意」に関する出題が多かった。

第4章 ★★☆ 引っかかりそうな文言が使用され、慎重に解く必要がある。

第5章 ★★ 成分に対する「使用上の注意」に関する出題が少なかった。

必勝ポイント

成分とその副作用や「使用上の注意」をチェック!

↑TOPへもどる


近畿ブロック(難易度:★★★)

京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・福井県

傾向と対策

全体的には例年並みの内容だが、第3章で漢方に関する問題が多かったため難易度を高めていた。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ 基本的な問題で、例年通り。

第2章 ★★☆ ひねった問題は少なく、基本的。

第3章 ★★☆ 漢方に関する問題が多く、難易度を上げている。

第4章 ★★☆ 基本的な問題で、例年通り。

第5章 ★★☆ 多くは例年通りの出題内容で、過去問を押さえておけば得点できた内容。

必勝ポイント

医薬品成分に関して、第3章、第5章をしっかり学習!

↑TOPへもどる


奈良県(難易度:★★★)

奈良県

傾向と対策

以前はクセのある問題が多かったが、良問が増える傾向は続いており、合格しやすくなってきていると考えられる。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 基本的で素直な問題だった。

第2章 ★★☆ 全体的に素直な問題で解きやすく、基本的な知識があれば簡単に解けると考えられる。

第3章 ★★☆ 選択肢が3つのものが多く、難易度が高く感じられた。

第4章 ★☆☆ 基本的な問題だった。

第5章 ★★☆ しっかりとした知識があれば、それほど難しくはなく、標準的だと思われる。

必勝ポイント

過去問を押さえて、頻出問題をチェック!

↑TOPへもどる


大阪府(難易度:★★★★)

大阪府

傾向と対策

標準的で、良問が多かった。今後の試験対策として力試しに解いておくと良い。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ 基本的な問題だった。

第2章 ★★★ 基本的な出題ながら難易度を上げており、良い問題だった。

第3章 ★★☆ いくつか、王道を外した内容もあるが、ほぼ基本的な内容。

第4章 ★★☆ 基本的な問題。ただし、一部の文言の置き換えなどには注意が必要。

第5章 ★★☆ 基本的で、医薬品販売の実践的な内容があった。

必勝ポイント

全体的に基本の内容を押さえておくこと。

↑TOPへもどる


中国ブロック(難易度:★★★)

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

傾向と対策

比較的、頻出の内容が多く、過去問などをしっかり解いておけば対応できたと考えられる。

直近3 年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 非常に基本的。

第2章 ★★☆ 基本的な内容だが、ケアレスミスに注意が必要。

第3章 ★☆☆ 過去に出題された内容が多く、解きやすい。

第4章 ★★☆ ひねくれた出題はないため、基本とポイントを押さえておけば難しくはない。

第5章 ★★☆ しっかりと文章を読むことが必要。

必勝ポイント

しっかりと解答を見直そう!

↑TOPへもどる


四国ブロック(難易度:★★★★★)

香川県・愛媛県・徳島県・高知県

傾向と対策

例年通りの難易度で、解きにくい問題が多かったが、合格率は前年よりも上がった。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★★☆ ちょっとした言葉の入れ替えで誤りとする記述が見られる。

第2章 ★★☆ 十分な理解が必要な出題内容が多かった。

第3章 ★★★ 珍しい出題内容に引っかからないように注意。

第4章 ★★★ 広範で詳細な学習が必要な内容だった。

第5章 ★★★ 設問の文章などを読み解くのに苦労する。。

必勝ポイント

すみずみまで学習し、さらに、注意深く、よく読んで解答すること。

↑TOPへもどる


九州・沖縄ブロック(難易度:★★)

福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

傾向と対策

難易度はぐんと下がったが、同時に問題の完成度は低くなったように思われ、前年までの傾向があまり役に立たない。

直近3年の合格率


直近3年の合格率

章ごとの出題傾向と難易度 (難しい:★★★ 普通:★★☆ やさしい:★☆☆

第1章 ★☆☆ 基本的な問題で構成された素直な設問。

第2章 ★★☆ ケアレスミスに注意。

第3章 ★☆☆ 頻出の問題が多かった。

第4章 ★☆☆ 薬事の内容としては難易度が低い。

第5章 ★★☆ 基本的で重要な部分をしっかり押さえている受験者であれば、難しくなかったと思われる。

必勝ポイント

今回の傾向はあまりあてにせず、基本をしっかりと。

↑TOPへもどる

[試験対策講座]

[過去問]

[関連記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加