【第1弾】登録販売者講師スペシャルインタビュー<米山 博史 × 仲宗根 恵> その12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bn_interview.png

「登録販売者として働いていて、日ごろ困っていることはありませんか?」という問いに対して、70名の登録販売者の方からご回答をいただきました。その中でも質問が多かったものを中心に、弊社の薬剤師・米山 博史と、日本初の登録販売者講師・仲宗根 恵先生に、インタビューを行いました。皆さんの不安や悩みの解消の一助となればと思っております。ご参考になさってください。

<出演者>
◇ネットパイロティング株式会社 学術マネージャー
薬剤師 米山 博史


◇PlusOne 代表
医薬品 登録販売者講師 仲宗根 恵 先生

【質問コーナー】★登録販売者講師★ 米山先生と仲宗根先生への質問はこちら!

12.症状から病気を想像する

深く学ぶと、もっと楽に接客できる

仲宗根 まずはお店の中でちゃんと働けないとだめなので、まず店内の商品を把握することから、売れ筋がなんなのかとか、っていうのから始めて、薬種商は試験を受ける段階でもう基礎的なとこは学習しているので、そんなに困らなかったんですけど、今(登録販売者試験を受ける人)は、それがすごく困ってるんじゃないかなと思います。病気の知識がとくに。

『吐き気と熱があるってお客様が来たんですけど、これは何の病気でしょうか』みたいなメールがよく届くんです。症状から病気を想像できないっていう悩みがすごく多くて、そういうところとか、全体的な知識が本当に足りないかな。
もうちょっと深く学ぶと、もっと楽に接客できるようになるんだけどなっていうのはあります。

米山 だいたい本を買って勉強するとかっていっても、病名があってそれに関する症状っていうのが載ってるじゃないですか。逆はあんまりないですよね。

仲宗根 診療行為にあたるみたいなことになるんですよね。

米山 診断に繋がるってことになると。

仲宗根 医師法に触れるとかいろいろまた。

米山 医者が怒るんですね。医師会がすごい怒ってくるんで。

杉田 結局そういうところを知ってないと、本質的なサービスというか。

米山 こんな症状があった場合は、こういう病気が「疑われます」っていうのを。

杉田 想像できなきゃいけないわけですよね。

米山 そうです。

<【第1弾】スペシャルインタビュー目次>
自己紹介
01.処方薬との飲み合わせについて質問は、どのように対応されていましたか?
02.登録販売者にとって第1類医薬品、処方薬の知識は必要か?
03.学習方法を教えてください!
04.最初の接客が怖くて不安です。どうしたらいいですか?
05.これからの登録販売者の責任と役割はどのように考えていらっしゃいますか?
06.責任との向き合い方についてアドバイスいただけますか?
07.薬剤師と薬種商の違いってなんですか?
08.薬種商試験から登録販売者試験に感じることは?
09.登録販売者になってからの継続学習は足りてますか?
10-1.登録販売者」の理解から、かかりつけ登録販売者へ ~情報提供の大切さ~part1
10-2.登録販売者」の理解から、かかりつけ登録販売者へ ~情報提供の大切さ~part2
11.お客様に感謝されるために
12.症状から病気を想像する
13.一人前の登録販売者になるには長い道のりだけど一生を捧げられるお仕事!

<【第2弾】スペシャルインタビュー目次>
01.登録販売者 受験生にアドバイスをお願いできますか?
02.今年の登録販売者試験問題の傾向を教えていただけますか?
03.実務経験がない方が初めて受験します。アドバイスをお願いできますか?
04.今、登録販売者BBSを振り返って!
05.店頭に効く登録販売者BBSの使い方、教えてください!
06.登録販売者BBS講師募集開始!

[試験対策講座]

[過去問]

[関連記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加