武田薬報web

“漢方”を強みにできる「漢方講座」

登録販売者試験対策では、主に処方名と効能や副作用に関する知識覚えることがポイントです。しかし、店頭で役立つ漢方の知識は、お客様の症状に合わせて処方を選べることなのです。武田薬報webの「漢方講座」は、登録販売者にとって役立つこんなメリットがあります。

  1. 登録販売者試験でせっかく覚えた処方の中身がわかる!
  2. 漢方に苦手意識のある方には、ベーシックで理解しやすい!
  3. スタッフへの実践教育の方法がわかる!
  4. 覚えたことを店頭ですぐ実践したくなる!

登録販売者として“漢方”をご自身の得意分野にしたい方におすすめの講座です。

漢方薬の選び方

漢方薬は種類が多く、お客様にあったものを選ぶのは難しいと思われがちですが、コツを押さえれば理解しやすくなります。今回は、胃腸の領域をモデルに漢方薬の選び方をご紹介します。

胃腸=漢方薬が適応することが多く、漢方薬が非常によく効く領域
胃腸虚弱 イメージ
胃腸虚弱は、<脾虚>=胃腸の機能低下 食べるとすぐに胃がもたれる、食欲がないなど日常的によく起こる症状。

お客様の主訴(一番治したいこと)からの処方選択

一番大事なのは、お客様が何を治したいのかということ、つまり主訴は何かということです。基本的には痛みの有無やその性質、上腹部の症状を元に分類します。次のチャートは、上腹部に対して重要な4つの処方の選択方法です。

処方選択 チャート

選んだ処方がお客様に適しているかの確認

最終的に処方を確定させるには、選んだ処方がお客様に本当に適しているのかを確認していきます。それぞれの処方がどのような症状や、どのような人に適しているのか理解しておく必要があります。

  • 安中散

    虚証が目安だが、広い範囲に使える

    過酸症状を抑えて痛みをとる、つまり、胸やけ、過酸症状に適している。

  • 柴胡桂枝湯

    攣急れんきゅうの痛み虚証から実証タイプまでかなり広い範囲で使える

    痛みの中でもギューッと攣急する、しめつけられるような痛みに効く。

  • 六君子湯

    食欲不振、虚証の方の胃腸症状に幅広く対応

    上腹部の痛みを伴わない場合で、食欲がない、胃もたれに適している。

  • 半夏瀉心湯

    みぞおちのつかえ、実証に用いる傾向

    みぞおちに何かものがつかえた感じ、胃が張った感じがする、胃のあたりだけが苦しいなどの症状に適している。

▲ページトップへ
店頭で役立つ情報を豊富に提供するタケダの情報サイトは、プレミア満載です。無料でいますぐ会員登録しませんか?

ここではコンテンツの一部をご覧いただけます。

漢方講座 Vol.1 漢方の考え方

武田薬報web 動画 イメージ

漢方薬の販売力を身につけるためには、たくさんの漢方処方を丸暗記するのではなく、まずは適応範囲の広い、使いやすい漢方処方を覚えるとよいでしょう。「漢方講座」では主訴を手がかりに症状を選択し、随伴症状から処方の絞り込みや確認を行うといったていねいな接客が学べます。店頭で漢方処方を提案することで、より力がつき、漢方薬への意識も高まります。

動画をみる >
▲ページトップへ

アンケートに答えて500円のギフト券をGET!

eメールタイプのギフト券500円分 イメージ

武田薬報webのことを知って、さらにアンケートに答えると、お礼として20名様に通販で使えるeメールタイプのギフト券500円分を差し上げます。

応募期間

2017年12月17日~12月21日まで
  • アンケートの応募は1回のみとさせていただきます。
  • 賞品の発送をもって、発表に代えさせていただきます。

【個人情報の取り扱いについて】

  • アンケートでお預かりした個人情報(eメールアドレス)は、応募抽選、賞品の配送、個人を特定しない形での集計・分析、以外で使用することはございません。統計情報は、サービス向上のために利用させていただきます。
  • お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の 第三者に開示・提供することはありません(法令等により開示を求められた場合を除く)。上記、内容にご同意いただいた上で、アンケートにお答えください。

アンケートは終了しました >

▲ページトップへ