登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

水泳は子どもの喘息治療には有効じゃない?

pool_asobu_couple.png

国立成育医療研究センターは6月15日、低年齢でスイミングスクールに参加しても、喘鳴(ゼーゼー)や鼻炎の予防・治療効果はないという調査結果を発表した。

水泳と喘鳴(ゼーゼー)・鼻炎との間に統計学的な関係性はないと判明

子どもの喘息の予防や治療を目的として、低年齢のうちからスイミングスクールに通わせている親は少なくありません。しかし、日本においてはこれまで、特定の条件のない一般集団を対象とした検討はなく、その効果は長年議論されてきました。

同センターでは、出生した子どものアレルギー疾患発症の有無などを確認する研究を2003年から行っており、そのなかで今回、水泳と喘鳴・鼻炎の関係について調査しました。調査対象は、3歳時にスイミングスクールに参加していた子ども126名と、参加していない子ども970名の計1096名。5歳時のアンケートで、過去1年に喘鳴や鼻炎のある子どもの数について比較検討したそうです。

その結果、3歳時の水泳と、5歳時(過去1年)の喘鳴・鼻炎の間に、統計学的な関係性はないことが判明。スイミングスクールへの参加に、喘鳴や鼻炎などの予防効果も治療効果もないことがわかったといいます。

これをうけて、同研究の発表者は、「水泳による健康増進作用を否定するものではない」としながら、「アレルギー疾患の予防や鼻炎に対する予防や治療を目的とした過度な推奨は必要ないと考えられる」とコメントしています。

水泳をすること自体はもちろん悪いことではありませんが、「治療のため」ということにはならないということですね。喘息などを患ったお子様をもつお客様から相談された場合には、今回の研究結果も含めて、最新の正しい情報を適切にお伝えできるよう、日ごろから情報収集しておきたいものです。


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2020年
  • 6月30日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?