登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

コロナ禍でデジタル接触時間が大幅増!

200623top.png

ロートは、「 コロナ禍における暮らしの変化」に関する調査」を5月に実施、6月12日に結果を発表しました。

目を酷使する人が増加し、悩みも深刻に・・・

本調査は、10~50代の男女562人を対象にWEBアンケート形式で実施されたもの。

有職者男女(263人)へ「在宅勤務をしていますか?」と聞いたところ、「毎日(26%)」「週に3日以上(21%)」「週に1日以上(20%)」となり、在宅勤務者は計67%にのぼりました。1日あたりのデジタル機器接触時間の変化をたずねる質問では、毎日在宅勤務をしている男女(68人)の場合、22%が5時間以上、19%が3時間以上、21%が1時間以上長くなったと回答。また、デジタル機器接触時間が長くなった人(251人)に、伸びた理由を聞くと(複数回答)、「スマホ使用時間の増加(50.6%)」「PC使用時間の増加(48.6%)」「動画配信サービスを観る時間の増加(39.0%)」が上位となりました。

日常的に在宅勤務をしている人のなかでは、その頻度が高いほど「疲れ目」「かすみ目」に悩む割合が高くなる傾向にあります。毎日在宅勤務をする人のうち、疲れ目については19.1%が「悩んでいる」、23.5%が「やや悩んでいる」と回答し、かすみ目については22.1%が「悩んでいる」、42.6%が「やや悩んでいる」と回答しました。

さらに、デジタル機器接触時間が以前と比較して長くなった人ほど「目が疲れるようになった」「目が乾くようになった」「肩こりがひどくなった」などの悩みを感じる割合が増え、目薬をさす頻度が高くなっていることも明らかに。

目の悩みを感じたときの対処法(複数回答)には、「目薬(ドラッグストア販売)」が50.2%で圧倒的な1位となり、次いで「こめかみ周辺のマッサージ」が28.3%、「目薬(眼科医処方)」が15.7%、以下、「ビタミン剤」「サプリメント(食品)」「アイマスク」と続きました。

店頭では、目薬売場に「疲れ目にはこちら!」「かすみ目にはこちら!」といったPOPを設置し、悩み別に紹介してはいかがでしょうか。また、目薬やアイマスクなどを肩こり・首こり対策アイテム、ブルーライト対策アイテムとともに陳列して、「在宅勤務応援アイテム」プロモーションを展開するのもよさそうですね。


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2020年
  • 6月24日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?