登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

20代の3人に1人が朝食を食べない?

191023top.png

日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、「令和元年7月消費者動向調査」を実施。食べることへの関心度や食生活の実態について調査し、結果を発表しました。

若い世代の朝食離れが加速…

調査は、7月に全国の20歳代~70歳代の男女2000人(男女各1000人)を対象に、WEBアンケート形式で実施されました。

日常生活において「食べること」への関心度調査では、食べることに「大いに関心がある」「関心がある」「やや関心がある」を合わせた76.5%の人が食事への関心を示しましたが、前回調査(2016年実施)の82.2%と比べて5.7ポイント低下していました。

年代別に見ると、年代が上がるほど食べることに関心を持つ割合が高くなる傾向に。前回調査からの推移を見ると、60~70代に大きな動きはありませんが、20代~50代で食べることへの関心が大きく低下していることがわかりました。

一日の食事回数についての調査では、「朝昼晩3回」(71.9%)が最も多かったのですが、前回調査から3.5ポイント減少しました。また、「昼晩2回」「昼1回」「夜1回」を合わせた「朝食を食べない人」の割合を年代別にみると、20代は34.1%で、前回調査から6.9ポイント増加しました。なお、一日の理想の食事回数は、「朝昼晩3回」が77.6%と最も多いですが、現実(71.9%)と比べると5.7ポイント低いという結果に。

朝食(主食)について、主にどのようなものを摂っているかを聞いたところ、「ごはん(52.9%)」「パン(31.4%)」の2品目で8割を占め、年代が低くなるほど「ごはん」が多く、年代が高くなるほど「パン」が多い傾向ということがわかりました。

若者の朝食離れが進む中、店頭では、しっかり朝食を食べることの大切さを改めて伝えていきたいですね。また、子どものいる家庭には、食育の手助けにもつながっていくと考えられます。「朝食を食べないと、午前中に体は動いても頭はボンヤリ…」「朝食は一日を活動的にいきいきと過ごすための大事なスイッチ!」などのPOPとともに、野菜ジュースやシリアル、バランス栄養食といった、手軽な朝食や朝食のちょい足しアイテムなどを展開してみてはいかがでしょうか。


登録販売者だからこそ、知っておきたいレア情報!
登録販売者プレミアテキストはこちら!


これもおすすめ!
2019年 首都圏/関東・甲信越ブロックの合格率はこちら!

2019年 北海道・東北/関西広域連合/福井県の合格率はこちら!

2019年 奈良県/北陸・東海ブロックの合格率はこちら!


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトでは、↓↓こちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

登録販売者試験の日程、開催場所、問い合わせ先などはこちら
登録販売者試験情報

登録販売者試験の都道府県別解答速報はこちら
登録販売者試験 解答速報

登録販売者試験について語り合おう!
試験についてひと言!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 10月24日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?