登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

首都圏ブロック登録販売者試験の傾向・難易度は? 2019年度

test_shiken_man.png

 

9月8日に首都圏ブロックの登録販売者試験が実施され、これで6ブロックが終了しました。さて、同ブロックの試験傾向や難易度はどうだったのでしょうか?

これもおすすめ!
試験直前対策 まだ間に合う! 今年はここが出やすい!?【2019年 登録販売者試験 直前対策】

これもおすすめ!
合格ラインは? 本番に向けて、ここに注意しておこう!【2019年 登録販売者試験 直前対策】

これもおすすめ!
2019年登録販売者試験傾向と対策 合格率と難易度まとめ

今年度の登録販売者試験のなかでは最も難しかった!?

これもおすすめ!
【登録無料で使える!】「過去問題集」はこちら

では、さっそく首都圏ブロック登録販売者試験(2019年度)の傾向・難易度を見ていきましょう。
以下、あくまでも解答例を作成したネットパイロティングの解答速報チームの見解です。

首都圏ブロック 登録販売者試験 総評

【1章】
一般的な内容だが、ざっと読んでしまうと間違えそうな記述もある。難易度は普通。

【2章】
これまでの首都圏ブロックの問題とは違い、ひねった問題が多く、難しいと感じた受験者が多かったのではないだろうか。とくに体の仕組みについては、暗記だけに頼った勉強法では難しい。

【3章】
漢方薬関連の問題が10問近くあり、その半数以上は西洋薬との混合問題だった。また、生薬関連の問題も12問と多く、その6割強は西洋薬との混合問題であった。このため、漢方薬や生薬について多少の知識があっただけでは解くのが難しい問題が多かったといえる。また、これまで首都圏ブロックではほとんどなかった引っかけ問題のような出題も見られたことも難易度を上げる要因となっている。

【4章】
一般的な内容だが、言い回しや細かな単語の書き換えによって間違いやすさが増している。昨年の改訂内容に対応していた。難易度は普通。

【5章】
出題内容としてはそれほど難易度は高くないが、医薬品の副作用に関する出題が11問と非常に多い。そのため、これが不得意な人には難易度が高かったのではないだろうか。難易度は普通。

皆さんはいかがでしたか?
弊社の解答速報チームも「難しかった!」と言うほど、難しい問題が多かったようです。とくに3章はしっかりと内容が理解できていないと解けない問題が多く、このブロックで高得点が取れたということは、しっかりと実力が身についている人として、自慢していいでしょうね。

【9/9 追加情報あり】おすすめ!
2019年度の登録販売者試験、もう終わった……? いや、まだ間に合う!

参考:【速報解説!】19/09/11 関東・甲信越ブロック

参考:【速報解説!】19/09/08 首都圏ブロック

参考:【速報解説!】19/09/04 北陸・東海ブロック

参考:【速報解説!】19/08/28 北海道・東北ブロック

参考:【速報解説!】19/08/25 福井県

参考:【速報解説!】19/08/25 関西広域連合ブロック

参考:【速報解説!】19/08/20 奈良県


今からでも間に合う! 自宅でWebからも受けられる!
疑問・不安を自信に変える「米山セミナー」「米山式模試」の詳細はこちら!

米山式合格サポートプログラム


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトではこちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

参考:「試験についてひと言!」へはこちら

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 9月10日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?