登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

海での「フロート」事故に注意!

190730top.png

消費者庁、海上保安庁、国民生活センターは7月17日、「海水浴での『フロート使用中の事故』に気を付けましょう!」という注意喚起を発表しました。

流されると追いつけないことも…

フロートとは、海水浴などで空気を入れて水に浮かべて遊ぶ乗り物のこと。普通の浮き輪などよりも風の影響を強く受けるため、フロートに乗った子どもが沖へ流されるという事例が発生しています。平成30年中には、突風で沖に流されたり、大人が手を放した際に沖へ流されたりなど、少なくとも7件の事例が発生しているとのことです。なかには、4歳児が落水して肺水腫になった事例もありました。

フロートは、その形によって、風から受ける影響が違います。漂流速度のテストでは、鳥型のフロートは、サーフ型や海洋生物型の2倍以上の速度で流されることがわかりました。

なお、海水浴場での実験では、流された鳥型のフロートを救助に向かっても、水深が増すにつれ救助者の移動速度が遅くなるため、なかなか追いつけないことがわかったそうです。

消費者庁などは、事故を防止するために、以下の注意点をあげています。

  1. フロートの対象年齢を確認しましょう。
  2. 保護者はフロートに乗った子どもから目を離さない、手を離さないようにしましょう。
  3. ライフジャケットを正しく着用させましょう。
  4. 遊泳可能な海水浴場で使用しましょう。
  5. 風の強い日は使用を控えましょう。
  6. フロートの上で立ったり座ったりするときは慎重にさせ、取っ手がある場合は、しっかりつかまるように教えましょう。

なお、もし海で事故が起きてしまった場合は、海上保安庁緊急通報用電話番号「118番」に通報するよう呼びかけています。

夏休みに入り、これからますます海水浴に出かけるファミリーが増えることと思われます。とくに海に近い店舗では、フロートの危険性や海での事故に気をつけるよう、POPなどで積極的に啓発していきたいですね。


今からでも間に合う! 自宅でWebからも受けられる!
疑問・不安を自信に変える「米山セミナー」「米山式模試」の詳細はこちら!

米山式合格サポートプログラム


【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png

★メルマガサイトではこちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

参考:「試験についてひと言!」へはこちら

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 7月30日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?