登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

驚愕! 若い女性のほうが中高年男性より口臭がキツイ!?

kousyu_woman.png

 

ブレス・ハザードプロジェクト、歯科医療総合商社のモリタ、医療器械などの開発・販売を手がけるタイヨウがまとめた調査によれば、なんと、40代以上の男性よりも若年層の女性のほうが口臭レベルが高いという結果になったそうです。

他人の口臭が気になるシーンNo.1はやっぱり……?

ブレス・ハザードプロジェクト、モリタ、タイヨウは5月29日、口臭ケアに関する意識調査と、口臭測定器を用いた実態調査の結果をまとめた「口臭白書2019」を発表しました。

全国の20~60代の男女4700人(各都道府県100人)を対象に行われた意識調査によると、自分の口臭が気になった経験がある人は90.6%(「よくある」17.9%、「時々ある」56.7%、「1度はある」16.0%)と9割以上を占め、「口臭がある」ことに悩んでいる人は27.3%(男性27.9%、女性26.6%)と、4人に1人以上いることがわかりました。悩むほどではないにしても、ほとんどの人で一度は自分の口臭が気になった経験があることになります。

さらに、他人の口臭が気になるシーンについて聞いたところ、「仕事の打ち合わせをしているとき」(69.6%)が最も多く、次いで「挨拶をするとき」(46.0%)、「飲み会のとき」(41.7%)、「電車に乗っているとき」(40.1%)、「デートをしているとき」(39.1%)という順番になりました。プライベートよりも、意外と仕事絡みのシーンのほうが、口臭を気にする人が多いみたいですね。

おじさんのほうがクサイとは限らない?

また、口臭測定器を用いた実態調査(首都圏在住の20~60代の男女214人を対象)では、被験者の口臭レベルを数値化して判定。「見た目からしてあの人臭そう」とならないよう、客観的に示されたその結果によると、全被験者の平均値は32.2(男性30.2、女性34.3)で、男女とも「ほとんど感じない(30~50)」レベルだったそうです。
その一方で、周囲の人が気にする基準である「かすかなニオイを感じる(50以上)」よりも口臭の度合いが強かった人の割合は、女性(17.9%)が男性(8.3%)の2倍以上という意外な結果に! さらに、性別・年代別にみてみると、男性の「若年層」(20~30代)が7.4%、「中高齢層」(40~60代)が9.3%だったのに対し、女性の「若年層」(同)が11.5%、「中高齢層」(同)が24.1%と、こちらも女性のほうが口臭があったことを示しています。とくに、測定値が「50以上」(口臭を感じる)の人は、若年層の女性のほうが40代以上の男性よりも多いという驚きの結果に……。
なお、歯みがきの回数別に「50以上」の人の割合を見てみると、「1日2回以下」が12.0%、「1日3回以上」が14.2%で、歯みがき回数が多いからといって、口臭レベルが低くなるわけではないこともわかりました。

気をつけているつもりでも、自分ではなかなか口臭に気づきにくいもの。店頭では、これらの結果をふまえて、「大丈夫? アナタの口臭」「会議の前に、口臭ケアを!」といったPOPで注意を促したいもの。あわせて、デンタルリンスや舌をキレイするタブレットなど、口臭ケア商品をおすすめするといいでしょう。もちろん、接客に従事する販売員として、自分自身の口臭ケアは大前提ですよ!

【PR】ドラッグストアをもっと楽しくするサイト!
DORAPATO_logoY2.png


★メルマガサイトではこちらで随時試験情報を更新していきます。ご自分が受験する都道府県の情報は、必ずチェックしておいてくださいね!

参考:登録販売者試験日程 「関西広域連合」も8月25日(日)で決定!

参考:「米山セミナー」の詳細はこちら!

参考:「試験についてひと言!」へはこちら

参考:試験情報

参考:試験日一覧

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 6月11日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?