登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

身近な●●●●●不足で、骨格筋が萎縮する!?

190402top.png

東京都健康長寿医療センターは3月22日、骨格筋でのビタミンC不足が、筋萎縮や身体能力の低下をもたらすことを明らかにしたと発表しました。

ただし、同成分の再投与により回復可能

標準的な男女の骨格筋量は体重の30~40%を占めるといわれ、骨格筋にはビタミンCが多く存在しています。同センターの研究グループは以前、70~84歳の高齢女性を対象とした横断調査により、血漿ビタミンC濃度の高い高齢者女性は、握力、開眼片足(片足で立っていられる時間)、通常歩行速度などの筋力や身体能力が高いことを報告していました。一方で、血漿ビタミンC濃度が低い場合、筋力や身体能力が低下するかどうかについては解明されていませんでした。

ヒトやサルなどは体内でビタミンCを合成できませんが、マウスはビタミンCを合成できます。そこで今回、ビタミンCを作れないようにしたマウスを使用。ビタミンC投与群と非投与群の2群に分け、血漿や骨格筋のビタミンC減少が骨格筋にどのような影響を与えるかを詳細に調べました。

その結果、ビタミンC不足期間が長くなると筋肉を構成する筋線維が細くなり、筋重量が減少し、再びビタミンCを与えると回復することが判明しました。また、筋力や自発的活動量などで評価した身体能力についても同様に、ビタミンC不足期間が長くなると低下し、再びビタミンCを与えると回復したとのことです。

今回の研究により、ビタミンC不足が骨格筋の萎縮や身体能力の低下をもたらすこと、また、ビタミンCを再投与すれば回復できることが判明しました。ビタミンCは手軽に摂取できる食品成分なので、身体能力の衰えを感じている方に、店頭でも積極的な摂取をおすすめしていきたいですね。

人気記事:要注意! 進行に気づきにくい血液・血管の病気

人気記事:「淀川寛平マラソン2019」で走ってきました!

人気記事:「セルフメディケーション税制」を活用しよう!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 4月 2日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?