登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

「ダイエット薬」で蚊もダイエット!?

mushi_sasare.png

 

米ロックフェラー大学の神経生物学者、レスリー・フォスホール教授の率いる研究チームが、ネッタイシマカの空腹を抑える物質を特定したと、米科学誌「Cell」に発表しました。

蚊が満腹に感じる物質を米ロックフェラー大学の研究室が特定

ジカウイルス感染症(ジカ熱)やデング熱を媒介するネッタイシマカですが、吸血行為をするのはメスの蚊に限られています。この吸血行為が伝染病を媒介するため、それを防ごうと殺虫剤や忌避剤が使われていますが、薬剤に対する耐性などの理由から決定的な効果を上げられてはいないのが現状です。今回の研究結果は、蚊の空腹を抑える(満腹を感じさせる)ことで、吸血行為自体をなくすことに繋がる画期的なものと期待されています。

通常、メスの蚊は吸血行為で満腹になると、その後数日間は空腹を感じなくなるとされています。実験では、蚊に空腹を感じなくさせる物質を探るため、ヒトのダイエット薬を含む生理食塩水を与えました。その結果、蚊に空腹を感じさせる受容体「NPYLR7」のはたらきが阻害され、ヒトと同様に蚊の食欲が減少したといいます。さらに、「NPYLR7」を活性化させる物質として26万5000以上の化合物をテストし、食欲を抑制する物質を特定したそうです。

今回の研究結果はまだ初期段階とのことだが、研究が進んで商品化されると蚊に悩まされることもなくなるかもしれませんね。それまでは、現行の商品群で対抗するための提案をしていきましょう。とくにお子様向けにおすすめする際は、6カ月未満の乳児に使用できないディートなど、注意点を忘れずに伝えるようにしたいものです。

 

人気記事:「京都マラソン2019」に行ってきました!

人気記事:「セルフメディケーション税制」を活用しよう!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 3月12日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?