登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

患者数210万人超える...インフルエンザに警戒

sick_samuke.png

 

1月25日、厚生労働省は平成31年第3週(1月14日~1月20日)分のインフルエンザの発生状況を発表しました。全国約5000箇所の定点医療機関からこの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関あたり53.91人と、前週(38.54人)からさらに感染が拡大しており、警戒が必要です。

警報レベルを超える患者数に

1医療機関あたりの患者数が1週間で30人以上になると、大きな流行の発生・継続が疑われる「警報」が出されますが、最新の発表では53.91人と警報レベルを超えています。なかでも、愛知県(81.86)、埼玉県(70.03)、静岡県(69.42)、茨城県(68.05)、福岡県(67.18)、高知県(66.00)、福井県(65.66)、千葉県(64.29)、岐阜県(62.10)、大分県(60.53)、群馬県(58.86)、長野県(58.09)、神奈川県(57.02)、滋賀県(57.02)、鹿児島県(56.77)、熊本県(56.30)、石川県(56.27)、長崎県(55.37)、宮崎県(54.95)、福島県(54.66)、沖縄県(54.64)では50人を超える流行となっています。

また、定点医療機関の報告をもとに、この1週間に全国の医療機関を受診した患者数を推計したところ約213.0万人にのぼり、前週の推計値(約163.5万人)よりもさらに増加していることがわかります。第1週の約58.6万人から4倍近くにも急増しており、十分な警戒が必要です。
年齢別では、5~9歳が約35.4万人と最も多く、10~14歳が約26.0万人、0~4歳が約25.4万人、と若年層が多く感染している状況となっています。小さなお子様を抱えるご家庭には注意を促したいですね。

インフルエンザの流行は、例年4月ごろまで続くため、まだまだインフルエンザに気を抜けない日々が続きます。店頭では、感染予防関連商品として、消毒剤やうがい薬、マスクなどを展開するとともに、ビタミン剤や栄養ドリンクなど、滋養強壮・ビタミン補給系の商品もアピールしましょう。もちろん、手洗いの徹底、適度な加湿、十分な睡眠をとることなど、日常生活上のアドバイスを行ったりすることも重要ですよ。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2019年
  • 1月29日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?