登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

3人に1人「今年は忘年会の回数が増えそう」

nomikai_salaryman.png

 

佐藤製薬は11月30日、「平成最後の忘年会に関する実態調査」の結果を発表しました。

平成最後の忘年会に関する調査

調査は、首都圏の20歳~59歳の「お酒が飲める」ビジネスパーソン(n=824人)を対象に、Webアンケート方式で行われたもの。まず「今年は、忘年会の回数が増えそうか」を尋ねたところ、「増える」と答えた人は、3割以上(35.0%)にのぼりました。年代別にみると、最も多かったのが“お酒離れ”が進んでいるといわれている20代で、約半数の46.1%でした。今年の忘年会は「平成最後」の区切りになることから、開催回数自体が増えていることが推測できます。

次に「平成最後の忘年会の締めで飲みたいお酒」を尋ねたところ、最も多かった回答は「ビール」(33.5%)で、次いで「日本酒」(14.3%)、「サワー」(13.0%)と続きました。傾向として、年代が高くなるほど「ビール」「焼酎」の割合が高くなり、低くなるほど「サワー」「日本酒」の割合が多くなるようです。

続いて「平成最後の忘年会で、何件はしごすると思うか」を尋ねたところ、「2軒」(44.2%)、「3軒」(8.3%)、「4軒以上」(0.4%)をあわせると、約半数以上(52.9%)の人が「はしご酒をするつもり」であることがわかりました。年代別では、20代の「はしご率」が約7割(67.0%)と、最も高かったといいます。

いよいよ忘年会シーズンが到来。今年は「平成最後」ということで、ふだん飲まない人も、飲み会に参加する機会が増えることが予想できます。店頭では「平成最後の忘年会! 楽しく飲みたい方に!」「平成最後! 飲み会対策の準備はOK?」「まだまだいける! 昨日のお酒は残しません!」などのPOPを作成し、ドリンク剤や胃腸薬売り場の近くに早めに設置をしたいものですね。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 12月11日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?