登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

8割以上の子どもが「新型栄養失調」のリスク!?

181106TOP.png

ハウス食品は、日常的に子ども(6~8歳)に1日3食、食事を与えている母親(25~49歳)100人を対象に、「直近3日間で子どもに与えた食事の食材と分量」に関するWebアンケートを実施。その結果、83%の子どもに「新型栄養失調」のリスクがある(※)ことがわかりました。


※子どもが食べた食材の栄養素を計測し、「鉄」「カルシウム」「ビタミンA・B1・B2・C」「食物繊維」のすべての栄養素の必要量を1日以下しか摂取できていない状態を「『新型栄養失調』のリスクあり」と定義。

対策に「シチュー」がおすすめな理由とは?

新型栄養失調とは、食事による摂取カロリーは足りているのに、ビタミン・ミネラル・食物繊維など必要な栄養素が不足している状態のこと。老若男女問わず増加傾向で、新型栄養失調に陥ると、疲れやすい・かぜをひきやすい・肩がこるなどの体調不良が起こりやすくなるとされています。

同社の調べによると、83%の子どもが炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素は必要量を摂取できているものの、三大栄養素のはたらきを調整し、助ける役割を果たすビタミン、ミネラル、食物繊維を十分に摂取できていないことがわかったとのことです。

同調査に協力した管理栄養士の伯母直美氏は、「日常の食生活で『栄養バランス』を心がけ、子ども世代に必要とされる栄養をとり入れやすいメニュー作りが大切」と述べるととともに、新型栄養失調対策メニューとして「肉類、野菜類がバランスよく摂れ、煮汁ごと食べられるクリームシチューがおすすめ」とコメントしました。

店頭において、生活者から子どもの偏食について相談を受けた際は、適切なキッズ向けサプリメントを紹介しながらも、近年増加傾向の新型栄養失調のリスクについてお伝えしたいところです。さらに、新型栄養失調対策として、食材の数が多く、煮汁ごと食べられるシチューやポトフ、豚汁といったメニューを家庭料理に多くとりいれることをおすすめできると良いですね。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 11月 6日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?