登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

介護予防目的で「食事」を意識する高齢者6割

kaigo_syokujikaijo.png

 

食生活を中心とした正しい情報を発信し、効率的な骨作りを推進する「コツコツ骨ラボ」は、60歳~79歳までの男女1000人(性・年代250名ずつの均等割付)を対象にした「『骨の健康と食生活』に関する意識調査」の結果を発表しました。

一方、栄養知識には偏りあり?

「週に1回以上運動しているか(複数回答)」を尋ねたところ、約半数の人が「ウォーキング(50.1%)」や「ストレッチ(42.4%)」などを行っていることがわかりました。続いて、定期的に運動していると答えた人に、「運動をしている目的(複数回答可)」を尋ねたところ、最も多かった回答は「体力を維持するため(78.1%)」、次いで「筋力を維持・アップするため(43.3%)で、「骨を丈夫にするため(骨粗しょう症予防)」という回答は、わずか16.0%でした。

次に「要介護状態にならないために、どんな対策をしているか(複数回答)」を聞いたところ、6割弱の人が、「適度な運動をする(57.8%)」「栄養のバランスのとれた食事をする(56.4%)」と答えました。とくに70代女性は、健康意識が高い傾向で、6割以上(65.2%)が適度な運動を行い、7割以上(74.4%)の人が食事に気を付けていることがわかったといいます。

さらに「健康のために積極的に摂取している食品(複数回答)」を聞いたところ、多かった順に「緑黄色野菜(63.8%)」「ヨーグルト(61.2%)」「魚/納豆(58.3%)」「豆腐(57.9%)」「牛乳(54.0%)」という結果になりました。また「健康な骨をつくるために摂取している食品」については、「牛乳(69.8%)」「チーズ(58.2%)」「魚(42.5%)」など、カルシウムを多く含む食品が多くあがりました。一方で、健康な骨作りに欠かせないビタミンK2を含む「納豆(19.7%)」や、ビタミンDが豊富な「きのこ類(6.5%)」をあげた人は少なく、骨に関する栄養知識に偏りがあることが明らかになったそうです。

調査の監修を務めた、大阪樟蔭女子大の津川尚子教授は、「要介護となる主な原因として、『骨折・転倒』が上位に含まれている」ことを指摘。「日頃から骨を丈夫にすることが、介護予防につながる」と、コメントしています。

店頭では、「カルシウムだけじゃ足りない! 強い骨作りにはビタミンDとビタミンK2が必要!」「カルシウム・ビタミンD・ビタミンK2は骨づくりのゴールデントライアングル!」などのPOPを用意し、骨の健康が気になる生活者にサプリメント等を紹介するととともに、「普段から歩くことを心がける」「日光浴を行う」など、生活面のアドバイスもできるようにしておきたいですね。


↓↓★絶対合格したい人は!★↓↓
試験直前対策「ココデル虎の巻」追い込みパック!
http://tourokuhanbaisha.npinc.jp/products/short.html


人気記事:【試験直前特集】登録販売者試験はこれで正解率10%UPを目指せ!

人気記事:【試験直前特集】みんなで解けば怖くない! 過去問を解いてみよう!

人気記事:登録販売者試験対策~過去問を制する者は本チャンを制す~

参考:試験情報

参考:試験についてひと言!

参考:登録販売者BBSで疑問を解決!

参考:登録販売者試験 傾向と対策

参考:登録販売者試験 都道府県別まとめ

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 10月 2日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?