登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のこの一問!

医薬品に関する問題(17/12/17 九州・沖縄ブロック)

医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるよう、使用する量や使い方が定められている。

イ 一般用医薬品のリスク区分は、市販後に変更されることがある。

ウ 医薬品に対しては製造販売後安全管理基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP)が制定されている。

エ 小児に対する用量が定められていない一般用医薬品を小児に服用させる場合は、成人の容量を減らして与えることが推奨されている。

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)

解答&解説

ウ 誤:医薬品に対しては製造販売後安全管理基準として「Good Vigilance Practice (GVP)」が制定されている。「Good Post-marketing Study Practice(GPSP)」は、製造販売後の調査及び試験の実施基準である。

エ 誤:小児への使用を避けるべき医薬品を「子供だから大人用のものを半分にして飲ませればよい」として服用させるなど、安易に医薬品を使用するような場合には、特に有害事象につながる危険性が高い。

★ 正解 ★ 1

※(17/12/17 九州・沖縄ブロック) 登録販売者試験問題より引用

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 5月22日号
  • 今週のこの一問!

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?