登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 接客・MD検定

乗物酔い防止薬をお求めのお客様

お客様「すみません、ちょっといいですか?」
販売者「はい、何でしょうか?」

★お客様から、乗物酔い防止薬についてご相談を受けました。

お客様「乗物酔いの薬を飲むときは、どういうことに注意すればいいですか?」
販売者「そうですね、乗物酔い防止薬の一般的な注意としては・・・」

乗物酔い防止薬(鎮暈薬)に必ず記載される使用上の注意として、適切なものを選んでください。

  1. 「次の人は服用しないこと 6歳未満の乳幼児」
  2. 「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」
  3. 「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること」
  4. 「服用前後は飲酒しないこと」

解説

鎮暈薬には、必ず抗ヒスタミン成分か抗コリン成分が配合されます。そのため、こうした成分によって、眠気か、または眠気と視覚異常(異常な目のまぶしさなど)の両方が起こるおそれがあるため、使用上の注意の「してはいけないこと」には、「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」が必ず記載されることになります。

「次の人は服用しないこと 6歳未満の乳幼児」は、アミノ安息香酸エチルを配合した製剤の場合に、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるために記載されます(製剤自体の用法・用量とは別)。

「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること」は、ジフェンヒドラミンなどの一部の成分を配合する場合に記載されます。これはジフェンヒドラミンが乳汁中に移行して、乳児に昏睡を起こすおそれがあるためです。

「服用前後は飲酒しないこと」は、ブロムバレリル尿素を配合した製剤の場合に、中枢抑制作用の増強などのおそれがあるために記載されます。

正解:2

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 5月 1日号
  • 接客・MD検定

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?