登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

乳児用液体ミルク解禁へ・・・!

180320メルマガ用画像.png

厚生労働省は3月12日、「乳児用液体ミルク」の国内製造に向けての省令の改正案 を示しました。海外では広く生産、流通されている乳児用液体ミルクですが、国内において製造の規格基準が示されたのは初めてとなります。

災害時に有用、子育て負担の軽減にも

同省がまとめた基準では、乳児用液体ミルクを「調製液状乳」と定義。「生乳や牛乳などを原料として製造した食品を加工し、乳幼児に必要な栄養素を加えて液状にしたもの」とし、製造方法については「保存性のある容器に入れ、120度で4分間加熱殺菌する」などの条件を定めました。

基準作成にあたり日本乳牛協会が同省に提出したデータによると、容器包装は、缶、レトルトパウチ、紙パックを想定。賞味期限は、常温を超えない条件で、缶とレトルトパウチが9カ月から12カ月、紙パックが6カ月とされました。乳児用液体ミルクは、保存中に若干の沈殿があるものの、開封前に振ることなどで分散は可能で、風味への影響はないとされています。

乳児用液体ミルクは、粉ミルクのようにお湯で溶かす必要がなく、長期間の保存が可能なため、清潔な水が入手しにくい災害時や備蓄用に有用とされています。子育て負担の軽減や、男性の育児参加の促進も期待できそうですね。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 3月20日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?