登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

薬剤師の対応に満足している人は4割以下!?

NPO法人の日本医療政策機構は1月18日、「2017年 日本の医療に関する世論調査」を公表しました。

約9割の人が「セルフメディケーション税制」を知らず

同調査は、国民が求める医療や、医療政策課題等に関する国民の意識・意見を把握するため、2006年から行っているもの。今回は全国20歳以上の男女1000人が対象で、2017年11月にインターネット上で調査されたそうです。

医療および医療制度に対する「全般的な満足度」をみると、「大いに満足(4.0%)」「やや満足(43.0%)」と、満足している人は半数以下でした。比較的満足度が高かったのは「医療機関を自由に選ぶことができる(53.7%)」「診断・治療などの技術の質(52.9%)」などで、逆に満足度が低かったのは「制度決定への市民参加の度合い(21.0%)」「制度プロセスの公正さ(21.8%)」となっています。

「医療機関の患者に対するサービス」については、「医師の対応(70.9%)」「看護師の対応(56.2%)」などの満足度が高かったようです。一方で、「薬剤師の対応」への満足度は39.1%と4割を下回っています。

2017年1月から始まった「セルフメディケーション税制」については、「内容までよく知っている」と答えた人はわずか11.1%でした。実に9割近い人が制度を知らないか、正しく理解していませんでした。なお、セルフメディケーション税制の内容を説明したうえで、利用してみたいかを聞くと、「積極的に利用したい(20.0%)」「やや利用したい(42.5%)」と、6割以上の人が利用意向を示しています。

薬剤師機能の拡大が図られていますが、薬剤師に対する国民の満足度は、残念ながら医師などに比べて低いという結果になってしまいました。今後、地域包括ケアのなかで薬剤師が医師、看護師などと協働して活躍できるような土壌作りをしていきたいですね。 セルフメディケーション税制に関しては、利用意向が比較的高いことから、積極的な啓発活動を続けることが大切です。薬剤師だけでなく、登録販売者も医薬品の販売時、症状や悩みの相談に真摯に対応しつつ、生活者にきちんと情報提供することが、お客様満足度の向上につながるといえるでしょう。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 1月30日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?