登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

薬剤師数が初めて30万人を突破!

20180109用メルマガ画像.png

厚生労働省は2017年12月14日、平成28年(2016)医師・歯科医師・薬剤師調査の結果を公表しました。

薬局等に従事する60歳以上の薬剤師は3万8000人以上

この調査は、医師、歯科医師および薬剤師について、性、年齢、業務の種別、従事場所等の分布を明らかにするため、厚生労働省が2年ごとに実施しているものです。

2016年12月31日現在における医師数は31万9480人、歯科医師数は10万4533人、薬剤師数は30万1323人でした。いずれの人数も前回の調査(2014年)から増加していて、過去最多を更新しました。薬剤師においては、2016年度の薬剤師国家試験で過去最多となる1万1488人の合格者を輩出したこともあり、今回の調査で初めて30万人を突破しました。

薬剤師数に関する調査結果を見てみると、「施設・業務の種別にみた薬剤師数」では、「薬局の従事者」が最も多く、17万2142人。次に多いのが、病院等の「医療施設の従事者」で、5万8044人でした。また、医薬品の店舗販売業、配置販売業、卸売販売業などの「医薬品販売業に従事する者」は、1万1759人となっていました。

薬局・医療施設に従事する薬剤師を、性、年齢階級別にみてみると、男性では「30~39歳」が最も多く2万2687人、女性では「40~49歳」が最も多く、3万8236人でした。なお、薬局・医療施設に従事する60歳以上の薬剤師は3万8605人で、そのうち70歳以上は9377人でした。

年々、薬局数は増加していて、薬剤師の需要は今後も高まっていくことと思われます。加えて、かかりつけ薬局、健康サポート薬局など、薬局や薬剤師を取り巻く状況は変化してきています。高齢化とともにベテラン薬剤師も増えていきますが、まだまだその知識と経験を必要とするところは多そうですね。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2018年
  • 1月 9日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?