登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

"香害"は公害!?

shock_woman2.png

NPO法人の日本消費者連盟は、7月26日と8月1日の2日間、香りによる害(香害)に苦しむ人からの相談窓口“香害110番”を開設。その相談内容の結果を8月4日に公表しました。

「化学物質過敏症」を発症する人も…

柔軟剤や制汗剤、消臭芳香剤など「香り」を特長とする商品が人気の一方、香りで体調不良を訴える人もおり、こうした問題は近年、「香害」と呼ばれています。

“香害110番”は、衣類の柔軟剤や制汗剤に含まれる人工的な香料が原因で体調不良になる人の声を募り、香害から身を守る社会をどうしたら築けるか、意見を集約して運動に繋げることを目的としたものです。

2日間の相談件数は計213件で、男女比をみると、女性が9割以上を占めています。相談内容で最も多かったのは、近隣の洗濯物の香りによるものだったそうで、「隣人の使用する柔軟剤で苦しんでいる」「コインランドリーの排気口から自宅に向かって流れてくる大量の柔軟剤の匂いが酷い」などの声が寄せられています。こうした訴えに共通するのは、

  1. 頭痛や吐き気、めまい、味覚障害などの症状が持続して、生活に支障が出ること
  2. 香害が個人の好みの問題とされ、神経質な人といった偏見の目から誰の助けも得られないこと

でした。

また、人工的な香料が原因で、「化学物質過敏症」にかかる人も存在します。この病気は、日常生活で化学物質を大量に浴びたり、微量でも繰り返し暴露したりすることで発症するとされています。微量の化学物質をとりこむだけで、頭痛や倦怠感、不眠など、さまざまな症状が現れるようになるもので、誰にでも発症する可能性があるそうです。

同連盟は、今回寄せられた生活者の意見を行政(消費者庁、国民生活センター)に届け、相談窓口の設置や香りの自粛を促す啓発活動、原因物質の規制を要望するとともに、メーカーにもはたらきかけをしていくとしています。

生活者にとって身近な柔軟剤ですが、「無香料」タイプをご存じないお客様もいらっしゃるかもしれません。そこで、「あえての無臭! 香りを付けないエチケット」や、「香りが苦手な人にはこちらがおすすめ!」などといったPOPを作成するほか、「無香料」タイプの商品をまとめたコーナーをエンド展開するのもいいかもしれません。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2017年
  • 9月 5日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?