登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

「ルミフェン」が要指導医薬品から第1類医薬品に移行

厚生労働省は7月7日、要指導医薬品に指定されていた有効成分・アルミノプロフェンについて、7月8日より第1類医薬品に移行することを通知しました。

「セレキノンS」は要指導医薬品に据え置き

具体的な商品などは以下のようになっています。

●第1類医薬品に移行/「ルミフェン」(佐藤製薬):解熱鎮痛薬
・非ステロイド系消炎鎮痛成分・アルミノプロフェンを1錠中200mg配合。
・第1類医薬品(新一般用医薬品)の期間…平成29年7月8日から1年間。

なお、トリメブチンマレイン酸塩については、アルミノプロフェンと同様に、安全性等に関する製造販売後調査期間が3年とされ、7月11日から第1類医薬品に移行する可能性があったのですが、要指導医薬品に据え置かれることとなりました。具体的な商品などの情報は以下のとおりとなっています。

●要指導医薬品に据え置き/「セレキノンS」(田辺三菱製薬):過敏性腸症候群(IBS)の再発症状改善薬
・トリメブチンマレイン酸塩を1日量3錠中に300mg配合。
・安全性等に関する製造販売後調査期間が4.5年に変更…販売開始日の平成26年7月10日から4.5年。

店頭での取り扱いを間違わないよう、こうした情報にも常に注意を払っておきたいものですね。

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2017年
  • 7月25日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?