登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週のニュース

「セルフメディケーション税制」が始まりました!

img-05.png

2017年1月から、「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が施行されました。上のマークは、該当商品に付く識別マークです。10万円以上が控除の対象だったこれまでの医療費控除よりも、対象者が大幅に増えることになりそうです。店頭でもお客様に尋ねられる機会が増えると思いますので、詳細を確認しておきましょう!

具体的な試算ができる日本一般用医薬品連合会のWebページ(https://www.jfsmi.jp/lp/tax/)のページも公開されていますよ。

セルフメディケーション推進のための優遇制度

「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」は、定期的に健康診断などを受けている人が、特定成分を含む市販薬を購入した際に控除を受けられるようにしたものです。国民一人ひとりが、軽度な身体の不調を市販薬などにより自ら手当てする「セルフメディケーション」を推進することで、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながります。

具体的には、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」として、

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査
  • がん検診

などの定期健康診断を受けている人が、2017年1月1日以降に、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができるとされています。

具体的にはどうすればいいの?

厚生労働省のWebサイトに掲載されている医薬品を購入したら、そのレシートをとっておき、その年の確定申告で申請すれば、減税分が戻ってきます。対応の医薬品は、指定品目だけですが、 冒頭で示したような識別マークが入っていますので、お客様にも購入時におわかりいただけるはずです。店頭でも、市販薬を購入した際に受け取ったレシートや領収書は、捨てずに必ず保管しておくようにお伝えしましょう。レシートにも、●などのマークが入るので、該当商品はわかるようになっています。

では、いったいどのくらいの額が戻ってくるのでしょうか? 具体的な試算ができる日本一般用医薬品連合会のWebページ(https://www.jfsmi.jp/lp/tax/

知ってトクする セルフメディケーション税制
summary_small_image.jpg

が公開されていますので、一度試してみましょう! お客様が確定申告時に必要な領収書・レシートに記載すべき内容についても、サンプルを掲載して詳しく説明していますよ。
これからも、FAQなど、随時情報が追加されていくそうなので、疑問点が出てきたら確認してみてくださいね。


参考:セルフメディケーション税制と医療費控除の減税額をカンタンに比較できる!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2017年
  • 1月17日号
  • 今週のニュース

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?