登録販売者を目指す方、資格を持つ方に即戦力のお役立ち情報を週刊でお届け!

カテゴリー: 今週の特集

【富山緊急企画! 第1回】これから試験問題はどう変わる!? 『手引き』の改訂について

改訂された『手引き』に関して、第4章で大きく変わった部分があります。今回は、その変更になった内容を詳しくご紹介しましょう。

過去問をそのまま解いてはダメ?

2014年11月の『試験問題の作成に関する手引き(平成26年11月)』の改訂において、第4章で大きく変わった部分があります。
「薬事法」は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」となるなど、さまざまな条文の記述に影響が出ました。そのため、過去問のままでは出題されないものがあると考えられます。たとえば、以下のような問題です。


(出題:神奈川県)


この部分に関する新しい条文は、以下のようになっています。

この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一 日本薬局方に収められている物
二 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

先の出題文と同様に、ここから出題されるとすると、穴埋めの単語はどの部分になるでしょうか? 確認しておく価値はありそうですね。
ちなみにこの条文、『手引き』本編の第4章では旧条文のままで、別表では修正されています。普通に考えれば、修正された条文で出題されるはずですが……。

【富山緊急企画! 第2回】はコチラです!

【富山緊急企画! 第3回】はコチラです!

【富山緊急企画! 番外編】はコチラです!

  • 登録販売者メルマガ!
  • 2015年
  • 1月27日号
  • 今週の特集

ブックマーク

  • Del.icio.us
  • はてなブックマークに追加
  • Googleブックマークへ追加

おしらせ

  • 登録販売者 外部研修(個人申し込み)
  • 登録販売者メルマガ!
  • 一般用医薬品販売スキルアップ講座
  • とろQ ドラッグ相談室 Facebookに新登場!!
  • Facebook版とろQドラッグ相談室って?