受験申し込みから合格まで

登録販売者になるためには、受験申請書入手から合格までの6つのステップがあります。さらに、合格後は都道府県における資格取得者登録証の申請が必要です。事前に資格取得の流れをチェックして、きちんと準備しておきましょう。中には意外に時間が掛かる手続きもありますので、余裕をもったスケジュールを計画しましょう。

受験申し込みから合格までのステップ

各ステップで必要な手続きと書類

STEP1:受験申請書の入手

該当する都道府県から受験申込書を入手

STEP2:受験申請書を提出

願書に必要事項を記入し、添付する書類と一緒に提出

※受験申請に必要な書類
・受験申請書
・写真
・受験資格を有することを証する書類
・その他都道府県が必要と認める書類

STEP3:受験票送付

願書提出後に受験票がお手元に届きます。

STEP4:受験

受験本番! 試験会場の事前チェックを忘れずに!

STEP5:合格発表

合格発表は公告によって行われます。
また合格者には都道府県知事から合格書が授与されます。

STEP6:合格証書送付

都道府県知事から、合格した証書(合格通知書または合格証明書)が送られます。
合格者の受験番号が公告される場合があります。

合格したら登録申請

販売従事登録申請

登録販売者試験に合格しても、すぐに「登録販売者」になれるわけではありません。都道府県に、登録販売者として働くことを申請する必要があります。

申請先

登録は、実際に働く勤務地がある都道府県に申請します。
自分が試験を受けた都道府県とは違います。つまり勤務地(企業)がなければ登録はできません。就業する店舗などがない、仕事についていないといった人が、登録だけすることはできないと考えられます。

申請に必要なもの

販売従事登録申請には、基本的に以下のようなものが必要です。

  • ・都道府県ごとの登録申請書
  • ・申請者が、登録販売者試験に合格したことを証明する証書(合格通知書または合格証明書)
  • ・戸籍謄本、抄本または戸籍記載事項証明書
  • ・申請者に、精神の機能の障害がないか、申請者が麻薬や大麻、あへん、覚せい剤などの中毒者であるかないかに ついての、医師の診断書
  • ・申請者が、薬局開設者や医薬品販売業者でない場合は、雇用契約書の写しや、ドラッグストアなどで働いている ことを証明する書類
  • ・登録手数料」金額は、県ごとに異なりますからご注意ください。

合格通知や証明書をなくしたら

もし試験の合格通知書や合格証明書をなくしても、各都道府県ごとに決められた手続きを踏めば、再発行してもらえます。ただし、日数や手数料などがかかることも考えられますから、注意しましょう。

▼登録販売者になる

登録販売者試験対策教材の決定版「ココデル虎の巻」はこちら
みんなどうやって勉強進めたの? 「ココデル虎の巻 合格への道」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加