登録販売者とは・・・医薬品販売の資格です!

医薬品を販売できるのは、以前は国家資格である「薬剤師」だけでした。しかし、2009年施行の改正薬事法により、一般用医薬品を販売できる新たな資格として「登録販売者」が誕生しました。登録販売者は現在、事業を強化に貢献する資格として、チェーンのドラッグストアや医薬品を取り扱う小売業界などから注目されています

【登録販売者Q&A】 問2.登録販売者資格って何ですか? 

登録販売者資格取得のメリット

就職や転職に有利

ドラッグストアや薬局をはじめ、医薬品を扱う小売業では慢性的な薬剤師不足に悩んでいます。このため、登録販売者資格の取得は、医薬品業界への就職や転職を希望する求職者にとって有利です。

収入アップのチャンス

ドラッグストアや医薬品を扱う医薬品販売業者のなかには、登録販売者に資格手当を設けている企業もあります。登録販売者は、収入や待遇のアップにつながる資格といえます。

登録販売者資格取得のメリット

登録販売者は薬剤師と違い、処方箋に基づく薬の調合と第1類医薬品の販売はできません。しかし、一般的なドラッグストアや小売店で扱う医薬品の多くは、第2類・第3類医薬品であるため、登録販売者が販売できる医薬品の範囲は非常に広いといえます。これも登録販売者の資格が注目される一因となっています。

登録販売者が販売できる薬の種類

要指導医薬品
(薬剤師のみ)
第1類(薬剤師のみ) 第2類 第3類
劇薬、スイッチ直後品目などリスクが必ずしも明確でなかったり、非常に毒性が強いもの 一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの 日常生活に支障を来す程度の健康被害を生じる可能性がある成分を含むもの

要指導医薬品、第1類、第2類以外の一般用医薬品

アレルギー用薬、膣カンジダ用薬など H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬など 主なかぜ薬。解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬など ビタミン主薬製剤、一般的な胃腸薬など

▼登録販売者になる

登録販売者試験対策教材の決定版「ココデル虎の巻」はこちら
みんなどうやって勉強進めたの? 「ココデル虎の巻 合格への道」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加